Consult Profile

風間正彦かざま まさひこ

  • ワーク・ライフバランスコンサルタント
  • 財団法人 生涯学習開発財団 認定コーチ
  • 防火管理者 乙種
  • 食品衛生責任者

東京都出身
日本大学商学部卒業

風間正彦

[ WORK ]

持ち前の交渉力・コミュニケーション力で人材の力を引き出し、チームで効率よく目標を達成するプロジェクトマネジメントに定評がある。大企業から中小企業まで幅広く担当する中で、一般的にはワーク・ライフバランスが実現しづらいとされる飲食業・小売業での実績も豊富。自身が飲食業界に従業員・経営者双方の立場から携わっていたことがあり、その経験を活かし、改革導入のための敷居の下げ方にまで配慮したきめ細やかな提案が好評を博す。講演・研修では、前職の長時間労働から短時間で成果を出す現在のスタイルに至るまでの苦しみや戸惑いまでも率直に披露することで、多くのクライアントから共感と信頼を得ている。

[ LIFE ]

食事とお酒が好きなため、フランスでワインを飲みながら走る『メドックマラソン』に参加し完走、ジムでのトレーニングやボルダリングなどで体を動かしながら体調管理に配慮を欠かさない。一方読書が苦手なことから、意図して読書量を増やし自己研鑽にも取り組んでいる。環境を変えることで気付く社会の課題を大切にし、長期休暇中にはホテルや飲食店でアルバイトをするなどサービスマンとして仕事の原点を振り返る。
※弊社は副業が認められています。

経歴・思いをもっと読む/メディア掲載実績をチェックする

「最初の職場である日産系販売会社では、カーライフアドバイザーとしてクライアントのライフスタイルに適したサービス・商品を提供することをモットーに、提案型の営業で高い評価をいただきました。

大手外食フランチャイズ本部に転職し、新店舗立ち上げ専門トレーナーをはじめ業態開発・設計・人材採用・教育戦略の立案など多岐にわる経験を積んだ後、飲食ベンチャーのタコスチェーン運営会社にて取締役に就任しました。

これまでに”盆暮れ正月”もない超長時間労働を経験し、”客観的なアドバイスをしてくれる人に会う機会が減ったり、ライフでの様々なインプットが不足し、結果としてワークでのアウトプットの質が徐々に下がっていく”という事実に直面、しかも”ゆでガエル”的に質が下がるため、その危機的状況になかなか気づくことができませんでした。

その経験から、育児や介護など特別な事情がない場合であっても、個々人の生産性向上のためにはワーク・ライフバランスが必須であると実感したのです。

働き方コンサルティングでは、大企業から中小企業まで幅広く担当しています。前職で経験した飲食業はワーク・ライフバランスがなかなか進みにくいと考えられてきた業界ですが、従業員・経営者それぞれの現状や環境を考慮し、たとえシフト制勤務だとしても無理なく取り入れられる提案を心がけています」