Consult Profile

松尾羽衣子まつお ういこ

  • ワーク・ライフバランスコンサルタント

東京都出身
青山学院大学文学部卒業

FLAネットワーク協会食生活アドバイザー

松尾羽衣子

[ WORK ]

組織論・モチベーションマネジメントに精通し、周囲を巻き込みながら多様な意見や個性をまとめあげて効果的な解決策へと導くスタイルに定評がある。クライアントが直面する漠然とした課題に対し、企業・事業・部門・パーソナルなど段階にわけて課題点を整理・把握。「チームの全員が幸せになれる方法」を常に考え、オーダーメイドのコンサルティングを進めている。講演では経営層、管理職、女性、学生など幅広い対象のいずれも得意としており、その対象に合わせた内容・話し方をきめ細やかに工夫することで、これまでの講演すべてで「満足度100%」を達成している。また広報室長として、広報業務やクライアントのブランディングに寄与する提案なども行う。

[ LIFE ]

プライベートでは、前職の一分一秒を争う生活から離れ、あえて日常生活とは違った時間の使い方をしようと決意。非日常を求めて山登りをしたところ、自分でも驚くほど山の魅力に感動。今では夫婦で毎年富士山に登っているほどの登山好きで、とくに甲斐駒ケ岳が気に入っている。ほかにも、主催するパン教室では自身が楽しむだけでなく、人と人をつなげる活動も行っている。身体を整えるためのピラティス、俳句や歌舞伎、落語などの日本の伝統的な文化にも関心を寄せるなど、ライフの幅も広げている。

経歴・思いをもっと読む/メディア掲載実績をチェックする

「前職の広告会社では、消費者視点に立った戦略を提案し、問題解決に導くというミッションを持つマーケティング部門に所属。顧客によって異なる悩みやリクエストに対して根本的な解決・新しい付加価値を創造する提案を心がけていました。

官公庁の社会的課題への啓発事業、二子玉川ライズ・たまプラーザテラスなど商業施設の戦略コンセプトおよび広告立案、ナショナルメーカーの商品開発、全国に1,000店舗を抱えるアイスクリームチェーンの広告戦略立案など、業種業態規模にかかわらず多岐にわたった活動に従事し、経験を積みました。

年間で数社程度の顧客を持つことが一般的なのですが、約15社にわたるプロジェクトを並行して担当していたため、期日や期間、課題が異なる中でも顧客のニーズを拾い上げて最大の成果を上げるノウハウを自分なりに培うことができたと思います。

広告・コミュニケーション分野での戦略立案の成果を評価され、本部長賞や社長賞をいただきましたし、取引先からも「提案したいことを押し通すのではなく、自分たちと同じ視点を常に持って提案をしてくれるプランナー」というコメントを多く受け、それもやり甲斐につながりました。

チームでプロジェクトを進めて成果を上げた経験から、”これからは個人力以上にチーム力が重要だ”と確信し、「人」にかかわる仕事に携わりたいと願って人事部門に異動。社員教育と新卒採用を主に担当するなかで、組織論やモチベーションマネジメントを学ぶ機会を得ました。

充実した業務の一方、長時間労働が恒常化。新たな付加価値を創造するところにまで至れていない働き方が、広告業界だけでなく日本社会全体に蔓延していることに疑問を感じるようになりました。これまでのマーケティング業務で培った”人を巻き込んで新たなムーブメントを起こす力”を社会全体の働き方変革に活かしたいと、株式会社ワーク・ライフバランスに参画したのです」