朝日生命保険相互会社
朝日生命保険相互会社
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

当社は仕事と育児の両立支援の一環として、2015年度より「朝日イクメン・イクボスプロジェクトを立上げ、男性の育児休職取得率100%を目指し取組んでおり、2017年度から5年連続取得率100%を達成しています。具体的な取組みとして、育児休職の取得対象職員およびその所属長に対し、人事部より休職取得を個別サポートするとともに、実際に育児休職を取得した職員およびその所属長を社内イントラで紹介し、男性の育児休職取得の推進・定着を図っています。今後は、「男性の育児休職取得率100%」の継続とともに、育児休職の有給期間を2週間へ延長、育児休職制度の充実を図り、取得日数の拡大を目指していきます。加えて、イクメン・イクボス向けのマニュアル等を提供し「育児と仕事の両立支援」の理解促進に努め、育児休職を取得しやすい環境整備及び風土醸成に取組んでまいります。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2016年度 2340人 14109人 16449人
2017年度 2303人 13632人 15935人
2018年度 2278人 13521人 15799人
2019年度 2351人 14232人 16583人
2020年度 2451人 15598人 18049人
2021年度 2460人 15885人 18345人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2016年度 39人 39人 78人
2017年度 27人 34人 61人
2018年度 35人 49人 84人
2019年度 34人 41人 75人
2020年度 28人 48人 76人
2021年度 30人 40人 70人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2016年度 92% 100%
2017年度 100% 100%
2018年度 100% 100%
2019年度 100% 100%
2020年度 100% 100%
2021年度 100% 98%
男性育休平均取得日数
年度 平均取得日数
2016年度 2.8日
2017年度 2.8日
2018年度 2.9日
2019年度 4.2日
2020年度 5.8日
2021年度 7.2日
※育休取得者数・取得率・平均取得日数については営業職員を含まない
法務省
法務省
SITY株式会社
SITY株式会社
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

弊社は2020年1月にスタートしたベンチャー企業です。
初年度は、挑戦すべき部分も多く、育休取得や福利厚生など、準備は二の次になってしまいがちです。
安心して業務に従事してもらうことが、社員や企業の成長につながります。
ここに「男性の育児休業取得率100%取得」を掲げ、よりよい会社づくりをめざしていきたいと思います。

株式会社東邦銀行
株式会社東邦銀行
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

東邦銀行では、「人を大事にする経営」の考え方に基づき、従業員一人ひとりが活躍できる「いきいき職場づくり」に向け、「仕事と家庭の両立」支援に取り組んでいます。
 具体的には、部店長全員による「イクボス宣言」の実施、行内広報誌にて「イクメン紹介」、事業所内保育施設の設置や、「復職支援セミナー」「パパ・ママミーティング」等を開催し、従業員の意識改革や環境整備に努めています。また「両立支援ハンドブック」を制定し、従業員全員が両立支援制度の理解を深めると同時に、お互いに支え合いながら働き続けるという仲間意識の醸成を図ってきました。このような継続した取り組みにより、育児休業取得率は男女とも3年連続で100%を達成しています。
今後も、更に従業員が安心して育児参加が出来るよう「取得率100%」かつ「取得日数増加」を目指し、ワーク・ライフ・バランスの充実に努めていきます。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2016年度 1556人 921人 2477人
2017年度 1527人 934人 2461人
2018年度 1465人 950人 2415人
2019年度 1398人 934人 2332人
2020年度 1335人 930人 2265人
2021年度 1260人 919人 2179人
2022年度 1235人 940人 2175人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2016年度 41人 33人 74人
2017年度 52人 46人 98人
2018年度 56人 44人 100人
2019年度 39人 38人 72人
2020年度 59人 40人 99人
2021年度 38人 45人 83人
2022年度 33人 41人 74人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2016年度 100% 100%
2017年度 100% 100%
2018年度 100% 100%
2019年度 100% 100%
2020年度 100% 100%
2021年度 100% 100%
2022年度 100% 100%
株式会社北陸銀行
株式会社北陸銀行
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

北陸銀行では、家庭と仕事の両立への取り組みとして男性の育休取得を推進してきました。
2019年度からは「男性の育児休業取得率100%」を目標に取り組んでおります。
行員が育児休業を取得しやすいように、育児休業のうち3日間を有給化、育児休業取得可能期間を子が3歳に達するまでに延長するなど制度を整えました。
また、取得していない行員には上司から育休取得の呼びかけ、取得した行員には名入れベビースプーンを贈呈するなど企画を通して取得を促し、職場全体の意識向上に努めています。
男性の育児参加をあたり前とすることで、男女ともに働きやすい、より生産性の高い職場を目指します。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2016年度 1935人 1378人 3313人
2017年度 1878人 1410人 3288人
2018年度 1797人 1365人 3162人
2019年度 1616人 2348人 3206人
2020年度 1601人 1270人 2871人
2021年度 1517人 1241人 2758人
2022年度 1434人 1202人 2636人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2016年度 3人 30人 33人
2017年度 17人 44人 61人
2018年度 32人 45人 77人
2019年度 43人 41人 84人
2020年度 57人 46人 103人
2021年度 59人 51人 110人
2022年度 60人 55人 115人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2016年度 7% 100%
2017年度 30% 100%
2018年度 57% 100%
2019年度 64% 100%
2020年度 89% 100%
2021年度 100% 100%
2022年度 100% 100%
平均取得日数(男性のみ)
年度 平均取得日数 2週間以上取得した人数 育休取得者のうち
2週間以上取得した人の割合
2016年度 1日 0人 0%
2017年度 1.3日 0人 0%
2018年度 1.5日 0人 0%
2019年度 1.7日 0人 0%
2020年度 2日 0人 0%
2021年度 2.7日 0人 0%
2022年度 4日 0人 0%
西濃運輸株式会社
西濃運輸株式会社
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

当社は「会社を発展させ、社員を幸福にする」という経営理念を掲げております。
全社員が幸福になるには、経済的に満たされること、自分の仕事に誇りが持てること、
将来に明るい展望を持てること、この3点が何よりも重要だと考えております。
そして、社員を支えるのは他でもない家族です。子育て世代が働きやすい職場づくりに向けて、
育休100%に取り組んでまいります。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2016年度 12140人 386人 12526人
2017年度 12274人 449人 12723人
2018年度 12366人 503人 12869人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2016年度 1人 13人 14人
2017年度 0人 14人 14人
2018年度 0人 12人 12人
積水ハウス株式会社
積水ハウス株式会社
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

当社は、男性従業員に1カ月以上の育休取得を奨励する「イクメン休業」制度を2018年9月に導入しました。最初の1カ月を有給とし、子が3歳になる前日までに一括または最大4分割での取得が可能であり、2019年2月以降に取得期限を迎えた全員が、1カ月以上の育休を取得しています。
男性の育休取得は、家庭内はもちろん、職場でのコミュニケーションを深めるきっかけとなり、業務の効率化や風通しの良い職場づくり、お客様への提案力向上などにも効果的です。
「イクメン休業」を通じて、従業員とその家族の幸せを追求するとともに、制度運用から得られた気づきや学びを社会に還元することで、日本における男性の育休取得が当たり前になる社会の実現にも貢献していきたいと考えています。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2016年度 12466人 3319人 15785人
2017年度 12625人 3464人 16089人
2018年度 12649人 3585人 16234人
2019年度 12609人 3716人 16325人
2020年度 12542人 3804人 16346人
2021年度 12456人 3899人 16355人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2016年度 360人 175人 535人
2017年度 483人 160人 643人
2018年度 693人 179人 872人
2019年度 1054人 264人 1318人
2020年度 642人 334人 976人
2021年度 549人 270人 819人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2016年度 83% 100%
2017年度 100% 100%
2018年度 100% 100%
2019年度 100% 100%
2020年度 100% 100%
2021年度 100% 92.1%
平均取得日数(男性のみ)
年度 平均取得日数 2週間以上取得した人数 育休取得者のうち
2週間以上取得した人の割合
2019年度 31日 1054人 100%
2020年度 31日 642人 100%
2021年度 31日 549人 100%

■実施した主な施策や育休取得日数を確保できる工夫等
当社の育休取得制度は、子が3歳になる前日までに分割して取得対象者は育休取得できるため、対象者全員が1カ月以上の取得をしております

会津若松市
会津若松市
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

会津若松市役所では、令和2年2月に「子育て・女性活躍推進に関する会津若松市特定事業主行動計画」を策定し、令和2年度から5年間で①働き方の見直し、②男性の家庭・地域での活躍促進、③妊娠・出産・職場復帰への支援、④キャリア形成の推進について取り組んでいるところです。
この中でも、特に「男性の家庭、地域での活躍促進」については、男性が育児や家事等において積極的な役割を果たしていくことが、男性自身のライフを充実させるためにも、女性のキャリア形成を推進するためにも重要だと考えています。そこで、子どもが生まれる男性職員に対するヒアリングの実施や休暇情報の提供と声かけ、そして組織的な業務遂行体制の整備などを行うことによって、育休や育児参加休暇等の取得促進に努めています。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2016年度 648人 304人 952人
2017年度 650人 299人 949人
2018年度 647人 294人 941人
2019年度 643人 296人 939人
2020年度 636人 302人 938人
2021年度 634人 307人 941人
2022年度 628人 313人 941人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2019年度 1人 10人 11人
2020年度 3人 11人 14人
2021年度 5人 14人 19人
2022年度 8人 9人 17人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2016年度 0% 100%
2017年度 0% 100%
2018年度 7% 100%
2019年度 7% 100%
2020年度 14% 100%
2021年度 33% 100%
2022年度 50% 100%
平均取得日数(男性のみ)
年度 平均取得日数 2週間以上取得した人数 育休取得者のうち
2週間以上取得した人の割合
2022年度 100日 7人 88%

■実施した主な施策や育休取得日数を確保できる工夫等
・これまで育休任期付職員を配置する対象を10ヵ月以上の育休を取得する場合としていたが、10ヵ月未満の場合も配置できるようにした。
・育休を取得した男性職員の感想など取得事例を庁内の掲示板に掲載した。

社会福祉法人 庄内厚生館
社会福祉法人 庄内厚生館
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

弊法人では女性活躍を推進するために、仕事と家庭の両立が出来るように取り組み、現在女性の育児休業取得率はほぼ100%です。しかし育児には男性の協力も不可欠なことから、2019年度に男性の育休取得に向けてアンケート調査や男性の育児参加の意識を促す研修を行ってまいりました。2019年度には育休取得者と支える職員がお互いに育休に対して前向きになれるように、育休取得者を支える職員には「子育てサポート手当」を支給する制度を新たに新設。今では育児休業を取得する男性職員が増加しています。
また男性の育児参加を促進するために新たに「育児目的休暇」を導入することで、男女ともに育児と仕事の両立ができる、働きやすい職場への風土が醸成しています。
今後も、ワークライフバランスの充実を図り、多様な人材が理想のキャリアが思い描けるような職場をつくります。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2019年度 68人 115人 183人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2019年度 1人 5人 6人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2019年度 100% 100%

■実施した主な施策や育休取得日数を確保できる工夫等
・育児関連制度の導入:育児目的休暇制度、子育てサポート手当(育休者がいる部署の職員を対象に支給)、育休取得者への給与保証制度
・管理職への呼びかけ:従業員から出産予定報告があった際に「育休取得」を勧める 等

株式会社Kitamura Japan
株式会社Kitamura Japan
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

従業員が徐々に増えるにあたり、いわゆる「一般的な内容」だった就労規則を、自社の働き方にフィットするように改訂し始めていました。そうした中、2020年度、2名の男性従業員が子どもを授かることになり、改めて育児休業についても見直しました。男性であろうと安心して育児に専念できるよう、会社としてバックアップしていきます。また、そのことを理解し、フォローしてくれる従業員にも感謝したい。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2016年度 7人 3人 10人
2017年度 8人 4人 12人
2018年度 9人 5人 14人
2019年度 9人 5人 14人
2020年度 9人 5人 14人
2021年度 7人 5人 12人
2022年度 8人 5人 13人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2016年度 0人 0人 0人
2017年度 0人 0人 0人
2018年度 0人 0人 0人
2019年度 0人 0人 0人
2020年度 2人 0人 2人
2021年度 0人 1人 1人
2022年度 1人 1人 2人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2016年度
2017年度
2018年度
2019年度
2020年度 100%
2021年度 100%
2022年度 100% 100%
平均取得日数(男性のみ)
年度 平均取得日数 2週間以上取得した人数 育休取得者のうち
2週間以上取得した人の割合
2022年度 300日 1人 100%

■実施した主な施策や育休取得日数を確保できる工夫等
男性社員が2回目の育児休暇として、今回は1年間取得している。9月まで。
工夫は各自でフォローしあう。

大日本印刷株式会社
大日本印刷株式会社
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

DNPは「第三の創業」を掲げ、社会の課題を解決するとともに、人々の期待に応えていく「新しい価値」の創出に向け力を入れています。ダイバーシティは「第三の創業」に不可欠な経営課題として社員全員で取り組むテーマです。女性活躍を起点とした活動の対象を拡大するなか、男性育休取得促進に向けた制度改訂や、パートナーと共に参加できる仕事と育児の両立支援セミナーを実施するなど、誰もがワークライフバランスを取りながら活躍できる働き方の支援を行っています。2020年のダイバーシティ経営中期ビジョンでは、「男性育休100%取得」を掲げています。男性社員が育児に参加し、新たな学びにより意識を変えることで「新しい価値」の創出と生産性の高い働き方の実現につなげていきます。

日本地震再保険株式会社
日本地震再保険株式会社
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

日本地震再保険株式会社では、「多様な働き方に対応した職場環境の推進」を掲げ、男性の育児休暇のための有給休暇を別途設けており、取得率75%となっています。
今後は、取得率100%はもとより、社員のニーズも確認しながら、働きがいと働きやすさを両立させるワークスタイルの進化にも努めてまいります。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2021年度 17人 12人 29人
2022年度 18人 12人 30人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2021年度 0人 1人 1人
2022年度 0人 0人 0人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2021年度 100%
2022年度

■実施した主な施策や育休取得日数を確保できる工夫等
・育児に関する会社制度の説明会開催
・男性育休への理解促進のための社内研修実施
2022年度:出生時育児休業の導入に合わせて研修による社内啓発を行っております。

株式会社銚子丸
株式会社銚子丸
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

弊社のように多店舗展開している企業における強さの源泉は、個店の力(チーム力)であり、それを担う個人の力の最大化であると考えます。
ひとり一人の社員が気持ちよく働ける基は、何をおいても「家族」の存在にあります。
男性であれ女性であれ円満な家庭生活が良い仕事を支えていることは自明です。
共働きが一般的になった現在、大きなイベントとしての出産や子育てに夫婦(両親)がしっかりと関わることが、家庭円満の条件であり、あるべき家族の姿と思えてきました。
子育てはとっくに卒業したという世代にとっても、「親の介護」はすぐに直面する課題です。
性別や個性、能力の違いだけでなく、プライベートも含めてひとり一人の事情にも目を向けた便宜や心配りが必要と強く認識しています。
「男性育休」が家庭円満の第一歩、会社の成長エンジンであると捉えなおして、取り組んで参ります。
改めて、銚子丸は「男性育休100%取得」を目指して動き出すことを宣言します。

株式会社高島屋
株式会社高島屋
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

当社は「いつも、人から。」の経営理念のもと、ダイバーシティを成長の源泉と位置づけ、全ての従業員が活躍できる環境づくりを進めています。育休については子が満3歳に達するまで取得可能とし、連続14日迄は有給とすることで、男性も取得しやすい仕組みとしています。2020年度より、男性の育休取得率100%を目標とし、原則子が生まれて8週以内に連続7日以上の取得を徹底するため、子が生まれた男性従業員とその上司に向け、人事部門より啓発資料・育休申請書等を送付するなど、積極的な働きかけを行っています。また、9パターンの育児勤務制度やスクールイベント休暇などの整備により、男女を問わず、育児と仕事の両立を支援しています。今後も、多様な働き方を進めるとともに、働きがいのある職場づくりに向け、継続して取り組んでまいります。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2016年度 2801人 6284人 9085人
2017年度 2794人 6140人 8934人
2018年度 2696人 6139人 8835人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2016年度 31人 76人 107人
2017年度 13人 81人 94人
2018年度 28人 78人 106人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2016年度 53% 100%
2017年度 46% 100%
2018年度 43% 100%
株式会社伊予銀行
株式会社伊予銀行
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

伊予銀行では、女性が働きやすい環境を作るためには男性の育児に対する意識を変えていくことが重要であると考え、2015年6月に男女問わず育児休業を一週間以上取得することを義務化し、2016年度以降男女ともに取得率100%を継続して達成しております。
また、役員や部室店長による「イクボス宣言」の実施、事業所内保育施設「いよぎんきっずらんど」の設置、完全フレックスタイム制度の導入、在宅勤務制度の導入、短時間勤務制度などの諸制度の拡充なども行っております。
今後も、男女問わず仕事と家庭を両立しやすい環境整備に努め、更なるダイバーシティ経営を行っていきます。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2016年度 1754人 2410人 4164人
2017年度 1745人 2406人 4151人
2018年度 1823人 2420人 4243人
2019年度 1790人 2365人 4155人
2020年度 1866人 2395人 4261人
2021年度 1794人 2366人 4160人
2022年度 1772人 2036人 4078人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2016年度 92人 39人 131人
2017年度 82人 59人 141人
2018年度 70人 62人 132人
2019年度 78人 81人 159人
2020年度 76人 63人 139人
2021年度 62人 82人 144人
2022年度 86人 68人 154人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2016年度 100% 100%
2017年度 100% 100%
2018年度 100% 100%
2019年度 100% 100%
2020年度 100% 100%
2021年度 100% 100%
2022年度 100% 100%
東洋製罐株式会社
東洋製罐株式会社
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

当社は、社会に貢献する一企業としてさらなる成長を目指し、「働き方の改革」「健康経営推進」「ダイバーシティ推進」の3つの取り組みを重要な経営課題と捉え、「働き方3.0プロジェクト」として一体化し全社をあげて推進しています。
さらに、活動を加速させるため「働き方3.0プロジェクト活動の23宣言」を策定し、その中で「女性の育児による離職0人、男性の育休100%取得」を掲げました。
これまで育休制度の拡充をはじめ、社内報にて諸制度の紹介、取得促進などを行ってきました。その結果、徐々に男性の育休取得は浸透し、1ヶ月以上育休を取得する男性社員も出てきました。
今後より一層、男性も当たり前に育休を取得できる風土の醸成に努め、男性の育休取得100%を実現することをここに宣言します。
あわせて、育休取得促進を通して働き方の見直しを行い、働き方に制約のある社員をはじめ、多様な人材が活躍できる企業を目指します。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2021年度 2336人 296人 2632人
2022年度 2326人 303人 2629人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2021年度 46人 9人 55人
2022年度 66人 8人 74人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2021年度 82% 100%
2022年度 100% 89%
SOMPOホールディングス株式会社
SOMPOホールディングス株式会社
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

・当社グループは、D&Iを進める上で多様な働き方を尊重し、全ての社員の「仕事における幸せ(Happiness at work)」と「生産性の高い働き方」が実現できる企業を目指しています。
・現在、共働き世代の増加により、女性だけが家事・育児を行う時代ではなくなっています。これまで時間・場所に制約があるのは、女性のみと思われがちでしたが、これからは育児や介護を担いながら働く男性が増えていくことを前提に、両立できる仕組みを構築していく必要があります。
・全ての職員にとっての働きがいと幸せ、そして働きやすい職場づくりを目指し、男性の育児機会を拡充していきます。グループ内にて、男性の育休取得促進運動「with my baby 1+1(ウィズ マイ ベイビー ワン プラス ワン)~もっとあなたと一緒に~」を展開し、男性職員の積極的な育児参加への取組みを推進していきます。

株式会社静岡銀行
株式会社静岡銀行
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

静岡銀行では、職員とともに成長していく企業を目指し、仕事と私生活を一層充実できる制度や環境の整備を進めています。
男性の育児休業においては、子育て中の女性の働き方に対する理解を深めるなど、ダイバーシティへの一層の意識向上を図るため、「イクメン休業」の取得を推進し、男性が従来以上に育児に参画することを奨励しています。
また、取得しやすい環境づくりの一環として、5日間までを有給化するほか、子供が生まれた職員の上司に対しメッセージを送付し、本人と共同して取得計画を策定するよう働きかけています。
これまでの固定観念を揉みほぐし、多様な人材が働きやすく、それぞれの立場で能力を発揮できる環境づくりに力を注いでいきたいと考えています。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2016年度 1893人 830人 2723人
2017年度 1862人 848人 2710人
2018年度 1825人 855人 2680人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2016年度 69人 52人 121人
2017年度 64人 49人 113人
2018年度 56人 44人 100人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2016年度 68% 100%
2017年度 82% 100%
2018年度 63% 100%
富山県
富山県
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

富山県庁では、私自身が「イクボス宣言」をするとともに、各職場への「子育て支援推進員」の配置、「子育てパパサポートプラン」の作成により男性職員の休暇取得を促進する「応援!子育てパパ運動」の実施などの取組みを行っています。令和元年度の男性職員の育児休業・休暇の取得率は87.5%となっており、これが100%になるよう、男性職員が育児休業・休暇を取得しやすい職場環境づくりに、これまで以上に積極的に取り組んでまいります。
さらに、職員一人ひとりが、ワーク・ライフ・バランスを大切にしながら、いきいきと働くことができる職場環境を目指し、また、県庁内保育所の整備も進めます。
あわせて、企業経営者や市町村長等の参加のもと設立した「イクボス企業同盟とやま」への参加企業の拡大等を図ることにより、企業や業界の枠を超えたネットワークの形成を支援することで、官民を挙げて仕事と家庭の両立を応援する取組みを広めてまいります。

株式会社アドヴィックス
株式会社アドヴィックス
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

我々は、従業員がイキイキし、ワクワクする「生き方」を提案・提供し続ける会社を目指し、働き方改革を推進しております。
“ 場所や時間にとらわれない働き方” や 、“ ライフイベントに応じた勤務制度 ” 等、多様な働き方を推進する一環として、2020年4月より「男性育休取得100%」を新たに目標として掲げました。これまでパートナー出産時に取得可能であった特別休暇を、育児目的でも取得できるよう変更、さらに、特別休暇の給与保証率を100%にすることで、男性の育休取得を後押ししてまいります。
今後も、様々な働き方改革施策を推進し、ワークとライフのバランスどちらかを犠牲にしてどちらかを優先・選択するのではなく、ワーク+ライフのアウトプット・生み出す価値の総量(従業員一人ひとりの幸せや喜び)の拡大を図りたいと考えています。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2018年度 4146人 545人 4691人
2019年度 4349人 618人 4967人
2020年度 4535人 662人 5197人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2018年度 3人 37人 40人
2019年度 4人 47人 51人
2020年度 66人 48人 114人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2018年度 2% 100%
2019年度 2% 100%
2020年度 26% 100%
大王製紙株式会社
大王製紙株式会社
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

当社は、ベビー用・大人用紙おむつメーカーとして、これまでに、育児応援制度「GOO.N子育てサポートプログラム」による新生児用おむつのプレゼント、『GOO.Nすくすく休暇』(育児のための有給休暇5日間)の運用、事業所内保育所『GOO.N すくすくはうす』(愛媛県四国中央市)の運営を推進することで、社員の仕事と育児の両立に取り組んでいます。
男性社員の『GOO.Nすくすく休暇』取得率は8割を超えましたが、育休取得率はまだ低い状況です。男性の育休取得を推進することは、従来型の働き方を変革することに繋がり、社員の多様性の尊重、やりがいを持って活躍できる環境作り、組織の壁を取り除いた「一体運営」の強化に直結します。
今回「男性育休100%取得」を宣言し、達成するための施策を展開しながら、社内風土改革 及び 社員満足度の向上に繋げていきたいと考えております。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2018年度 2224人 427人 2651人
2019年度 2224人 405人 2629人
2020年度 2247人 417人 2664人
2021年度 2293人 457人 2750人
2022年度 2138人 396人 2534人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2018年度 4人 13人 17人
2019年度 3人 22人 25人
2020年度 4人 24人 28人
2021年度 13人 18人 31人
2022年度 43人 21人 64人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2018年度 5% 100%
2019年度 4% 100%
2020年度 6% 100%
2021年度 29% 100%
2022年度 83% 100%
平均取得日数(男性のみ)
年度 平均取得日数 2週間以上取得した人数 育休取得者のうち
2週間以上取得した人の割合
2018年度 52日 4人 100%
2019年度 40日 2人 67%
2020年度 116日 3人 75%
2021年度 40日 6人 46%
2022年度 32日 28人 65%

■実施した主な施策や育休取得日数を確保できる工夫等
・役員による男性社員への育休応援ビデオメッセージ発信
・出産予定3ヶ月前より育休取得の計画、組織体制の整備
・管理職や育休取得者に向けた、育休取得の必要性に関する研修の実施
・エリエールが取り組む「えがおにタッチPROJECT」と協働したベビータッチング講座や、父と子のふれあい写真コンテストの開催
・育休取得男性社員の経験談発信

えびの電子工業株式会社
えびの電子工業株式会社
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

■これまでの取り組み
・助け合いの職場づくりによる有休取得推進
・子育て支援に関連する制度拡充と取得推進
・経営者を含めた男性の育児休業の取得推進

■今後の意気込み
弊社には夫婦や親子など家族で一緒に働かれている方や、地元に残られてあるいは戻ってきて子育てや親の介護を頑張られている、家族想いの方が沢山おられます。
少子化で地方地域が寂しくなっている今だからこそ、これからも家庭と仕事の両立ができる職場づくりの取り組みを続け、
持続可能な「地域で豊さを創造し発展を続ける100年企業」を目指して参ります。
そしてこれからも社名に冠した故郷への地域発展に貢献できる様に努めて参ります。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2020年度 222人 446人 668人
2021年度 227人 675人 902人
2022年度 225人 450人 675人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2020年度 2人 7人 9人
2021年度 1人 14人 15人
2022年度 1人 6人 7人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2020年度 67% 100%
2021年度 50% 100%
2022年度 100% 100%
平均取得日数(男性のみ)
年度 平均取得日数 2週間以上取得した人数 育休取得者のうち
2週間以上取得した人の割合
2020年度 19.5日 1人 50%
2021年度 9日 0人 0%
2022年度 5日 1人 100%

■実施した主な施策や育休取得日数を確保できる工夫等
2021年度;男性該当者2名の内、1名は子供の兄弟や両親のサポートもあり育休を必要とされませんでした。1名は育休9日、有休11日、土日祝を含めると23日間の連続休暇を取得されました。収入が下がる事なども考慮して休まれました。
2022年度:不妊治療休暇制度の開始。全社員がいつでも見れるクラウド共有システムの運用開始による、育休取得に関する資料や研修用動画の視聴開始。

株式会社ポーラ
株式会社ポーラ
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

ポーラは、100周年を迎える2029年に向けて「私と社会の可能性を信じられるつながりであふれる社会」というビジョンを掲げ、一人ひとりがもっと自分らしく社会とつながり、もっと生きることを楽しみ、豊かに、彩り溢れる瞬間を感じる、そんな未来の実現を目指しています。
その為には、社員(ポーラではValue Creatorと定義しています)一人ひとりが、「こうありたい」を想像し、
新しい価値を次々と創出する、能力や価値観の多様性が尊重される、その環境づくりが、何よりも重要です。
これまで、社員向け、マネジメント層向けのD&I研修、対象者への制度理解促進、相談体制の拡充、評価制度の見直しに取り組んでまいりました。
今後も性別に捉われることなく、全ての社員が育児に参画できるよう、育児休業の取得を積極的に支援いたします。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2019年度 361人 1056人 1417人
2020年度 363人 1087人 1450人
2021年度 364人 1081人 1445人
2022年度 313人 1044人 1357人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2019年度 0人 42人 42人
2020年度 3人 32人 35人
2021年度 11人 83人 94人
2022年度 9人 32人 41人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2019年度 0% 100%
2020年度 20% 100%
2021年度 41% 100%
2022年度 90% 100%
平均取得日数(男性のみ)
年度 平均取得日数 2週間以上取得した人数 育休取得者のうち
2週間以上取得した人の割合
2019年度 0日 0人 0%
2020年度 149日 2人 67%
2021年度 138日 7人 64%
2022年度 21日 3人 33%

■実施した主な施策や育休取得日数を確保できる工夫等
・マネジメント層向けに男性育休をテーマアップしたD&I研修の実施
・社内有志WG「産育応援PJ」による男性育休復帰者の情報発信ウェビナーや座談会の実施
2022年度:①育休対象者への個別面談を実施(男性:制度説明、女性:保活などの情報提供)
②全社向けに育休をテーマにしたジェンダーバイアス研修を実施

株式会社日立ハイテク
株式会社日立ハイテク
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

日立ハイテクでは、社員がやりがい・働きがいをもって仕事に取り組むとともに、育児や介護等との両立を実現できるよう、2015年度より働き方改革20-20プロジェクト(※)を開始しました。
また、2020年度より、男性も積極的に育児に参画し、「ワーク」「ライフ」の両方を充実させていく「全力育児応援プロジェクト」を展開しています。
育休(1歳までの取得は5日間は有給休暇として付与、小学校1年修了時まで取得回数上限なし)、育児・仕事両立支援金、配偶者出産休暇等の両立支援制度の拡充に加え、イクボスセミナー、男性育休取得者によるパネルディスカッション、アンコンシャスバイアス研修等を実施し、全社員が男性育休の重要性を理解し、育休取得を温かく支援する職場づくりに取り組んでいます。
今後とも、多様な個性や価値観を尊重するダイバーシティを推進し、「男性育休100%」をめざしてまいります。

※20-20プロジェクト
2015年度から「Challenge 20-20」を開始。時間外労働平均20時間/人・月以下、有給休暇行使20日/人・年以上を目標に、勤務時間の効果的な活用とメリハリある働き方を創意工夫することで社員一人ひとりの力の発揮と組織力向上を図る取り組み。
2019年度からはChallenge 20-20での活動に加え、社員の幸福度に着目し、個人の多様性を活かし、いきいき、わくわく働ける会社の実現をめざす「Active 20-20」を開始。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2022年度 4382人 906人 5288人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2022年度 91人 15人 106人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2022年度 75% 100%
小柳建設株式会社
小柳建設株式会社
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

当社では、「変化を楽しもう。」をコーポレートメッセージとして掲げ、
労働生産人口の減少、生産性向上、新しい働き方への変換などの経営課題にチャレンジしています。

経営課題の解決に向け、社員一人ひとりが自ら考え、働き方を見直した結果、DXが推進され、残業時間の半減、有給取得率が向上し、働きやすい風土が醸成され、くるみんの認定を頂くことができました。

より地域の皆様に必要とされ、社会に貢献できる企業であるために、社員一人ひとりが活躍できる職場環境づくりに取り組んでまいります。

激動の時代においても、変化を楽しみ「男性社員の育児休業取得者100%」を実現し、
全ての従業員にとって働きやすく、また家族も含めて幸福となれる企業をこれからも目指してまいります。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2021年度 205人 33人 238人
2022年度 195人 30人 225人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2021年度 4人 1人 5人
2022年度 4人 1人 5人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2021年度 100% 100%
2022年度 100% 100%
平均取得日数(男性のみ)
年度 平均取得日数 2週間以上取得した人数 育休取得者のうち
2週間以上取得した人の割合
2021年度 14日 4人 100%
2022年度 19.5日 4人 100%

■実施した主な施策や育休取得日数を確保できる工夫等
育児休業の取得事例を社内報、掲示板に掲載。各種メディアに多数掲載。

株式会社SAKURUG
株式会社SAKURUG
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

サクラグでは「ひとの可能性を開花させる企業であり続ける」というビジョンのもと、メンバーがどのようなライフステージにおいても活躍できる組織を目指し様々な取り組みをおこなっています。
これまで産休・育休のサポートをはじめ、子育て中のメンバーの「就業時間自由化」など、枠にとらわれない施策でメンバーの活躍の場を拡げてきました。

今夏には取締役が役員として初めて男性育休を取得します。メンバーが家族を大切にするために、まず会社が制度を整えていく。そのことがダイバーシティ&インクルージョンの実現に繋がっていくと信じています。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2021年度 26人 40人 66人
2022年度 25人 42人 67人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2021年度 1人 2人 3人
2022年度 0人 3人 3人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2021年度 100% 100%
2022年度 75%
平均取得日数(男性のみ)
年度 平均取得日数 2週間以上取得した人数 育休取得者のうち
2週間以上取得した人の割合
2021年度 16日 1人 100%
2022年度

■実施した主な施策や育休取得日数を確保できる工夫等
・取得推進活動:男性育休体験談の社内共有、男性育休セミナーの実施
・取得しやすい社内雰囲気づくり:日頃より代表が、「家族より大事な仕事は無い」と繰り返し発信を行い、育休取得の後押しを行っている
2022年度:社内報やコーポレートサイト等で育休・パパ育休の取得事例等、妊娠・育休ほか育児全般の情報をご紹介しているとともに、産後パパ育休制度の取得促進のために、仕事と育児の両立のための取り組みについての意見を社員から伺うなどの働きかけを進めています。

株式会社エアークローゼット
株式会社エアークローゼット
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

エアークローゼットは創業7年が経ち、創業当初からの想いであるライフスタイルを豊かにすることに向け、サービスを運営しております。特にメインサービスのファッションレンタルサービス「airCloset」は女性向けのサービスで、子育てや仕事で忙しい女性の皆様の時間がより価値のあるものになる願いを込めたサービスです。 こうした想いは、つくり手である当社内のメンバーに対しても同じで、女性が活躍できる社会のために、母となる女性だけでなく、男性の育休取得が推進されることが肝要であると考え、本取り組みに共感いたしました。 各家庭の事情や気持ちが汲み取られ、実現されていく社会に向け、まだ創業から短い当社ですが、様々なアクションを実施していきたいと思います。

株式会社ヴァル研究所
株式会社ヴァル研究所
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

当社では、在宅勤務を前提とした働き方をしております。在宅勤務で重要なことは「家庭と仕事の両立」です。 家族の理解や協力、応援なしでは在宅勤務はうまくいきません。 「家庭と仕事の両立」において、男性が育児休業を取得し主体的に育児・家事に取り組むことはとても重要だと認識しています。 そして、何より日々成長する子供の姿をパートナーとみることはかけがえのない時間です。 当社ではすでに、2020年度は育休取得率50%(1名)で2021年度は現時点で100%取得予定(2名取得)になっております。 今後も継続的に男性育休の取得ができるように社員に直接ヒアリングを実施し、全社会議でも代表取締役から男性育休の取得促進と周囲の理解促進を発信しました。 今後も家族を大事にする社員を応援し、また、社員のご家族にも応援される会社を目指し 男性の育児休業取得率100%を目指します!

株式会社エコリング
株式会社エコリング
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

当社は、子育て世代の従業員が非常に多い会社です。そのため、より力を入れてダイバーシティの推進と、時代に合った多様な働き方を尊重し、ワークライフインテグレーションの実現と、社員とその家族のQOL向上に取り組んでいます。
具体的な取り組み事例といたしましては、育児のための時短勤務制度を子どもが小学校を卒業する12歳まで認めています。
また、2021年現在、女性役員率40%を達成しています。現在では、男女問わず妊活・不妊治療支援にも力をいれているところです。
引き続き、性別問わず、全従業員が自身の希望するライフプランに沿ってそれぞれの人生を充実させ、より安心して働ける環境づくりを進めていきたいと考えています。

横河電機株式会社
横河電機株式会社
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

YOKOGAWAグループは、多様性を重視した、インクルーシブで公平性のある企業文化の創出を大切にしています。個々の人財が持つさまざまな違いをお互いに認め合い、「個性」として受け入れ、誰もが安心して安全に自分らしく働ける環境のもと、その能力を最大限に発揮し、ビジネスに貢献できるサステナブルな組織の構築を目指しています。
横河電機では、社員のライフステージの変化に応じて、安心して自分らしく仕事ができるように、コアタイム無しのフレックスタイム制度、テレワーク制度、時間単位休暇制度、遠隔地勤務など柔軟性のある勤務制度を整備して、社員のワーク・ライフ・マネジメントを支援しています。また、2017年から男女ともに子どもが生まれた社員本人と上司へ利用できる制度の周知や育児休職期間の最初の1週間は有給にするなどの取組みを始め、男性育休1%台から2020年度には16.2%へ増えてきました。
今後もYokogawa’s Purpose「測る力とつなぐ力で、地球の未来に責任を果たす。」のもとに、未来世代に美しい地球をつないでいくための価値創出に取り組みながら、当たり前にパートナーとともに子育てできる社会の構築にも積極的に取り組んでいきます。

ソフトバンク株式会社
ソフトバンク株式会社
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

ソフトバンク株式会社は、「情報革命で人々を幸せに」という経営理念の下、挑戦と進化を続けながら新たな価値を提供する「総合デジタルプラットフォーマー」を目指しています。 この実現に当たり、持続可能な社会づくりに貢献することは重要なテーマだと捉えています。
次世代の社会を担う子どもを安心して産み、育てられる職場環境をつくることは、企業に求められる基本的な役割の一つです。
当社はこれまで、法定を上回る独自の育児休業制度や出産祝金制度(最大500万円)などの整備・運用に加えて、制度理解を目的とした対象社員とマネジメント層向けの研修の実施、相談窓口の拡充、企業版両親学級の開催などに取り組んできました。
今後も全ての社員が性別にかかわらず仕事と育児を両立し、その能力を十分に発揮できる企業風土を実現するため、男性の育児休業を積極的に支援・推進していくことをここに宣言します。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2019年度 16657人 6573人 23230人
2020年度 17351人 6834人 24185人
2021年度 17531人 6834人 24365人
2022年度 17391人 6843人 24234人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2019年度 194人 382人 576人
2020年度 230人 346人 576人
2021年度 248人 362人 610人
2022年度 410人 330人 740人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2019年度 27% 100%
2020年度 35% 100%
2021年度 38% 100%
2022年度 66% 100%

■実施した主な施策や育休取得日数を確保できる工夫等
男性育児休業取得を強く推奨するとともに、誰もが育児休業を取得しやすい職場環境の実現に向けて以下を実施しました。
・「男性育休の強い推奨」に向けてトップメッセージを社内配信
・育児休業へ積立年休を充当することにより有給で取得可能に
・男性育休取得推奨セミナーを実施(管理職向け/一般職向け)
・子が生まれた男性社員へ人事から育休取得促進メールを送信

大東建託パートナーズ株式会社
大東建託パートナーズ株式会社
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

当社では2018年10月より、男性社員の育児への参加と理解を深めることを目的に、出生後1年以内に5日間育児休業取得(有給)必須化を実施しており、経営トップ自らが取得率100%維持することを宣言します。
具体的な取り組みとしましては、配偶者が出産した社員に育児休業の案内メールを送信し、育児休業取得の促進を行っております。更に、仕事と育児の両立のため、子育てみらいコンシェルジュ(保育所マッチングサービス)やベビーシッター割引券を希望者へ配布するなどの福利厚生制度を導入しており、育児休業のみならず育児全般への取り組みを後押しする環境づくりを進めています。
今後は誰もが育児休業を取得する企業風土の醸成を図り、仕事と家庭の両立に向け子育て支援を積極的に実施してまいります。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2021年度 3162人 1551人 4713人
2022年度 3230人 1588人 4818人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2021年度 115人 46人 161人
2022年度 100人 52人 152人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2021年度 100% 100%
2022年度 100% 100%
平均取得日数(男性のみ)
年度 平均取得日数 2週間以上取得した人数 育休取得者のうち
2週間以上取得した人の割合
2021年度 6日 1人 1%
2022年度 8日 3人 3%

■実施した主な施策や育休取得日数を確保できる工夫等
・男性社員の育児休業について、連続5日間の取得を必須とし、100%取得に向けた取り組みを継続しています。
・取得期限の3か月前までには申請するように呼びかけ、計画的な取得を促しています。
・全国(管理職)会議で取り上げて取得促進を計っております。

株式会社大林組
株式会社大林組
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

大林組は基本理念に「人を大切にする企業の実現」を掲げ、多様な人材が個々の能力を最大限に発揮し活躍できる環境づくりを推進しており、2021年4月には「ダイバーシティ&インクルージョン推進部」を新設し、ウェルビーイングの実現に向けた取り組みを加速させています。
また、「男性従業員の育児休職・育児目的休暇年間取得率100%」を目標に掲げ、経営トップが「イクボス」推進を宣言し、育休対象者やその上司に対する制度案内の発信や、イクボスセミナー、企業版両親学級の実施など、男性育休の取得促進に取り組んでいます。
今後も、社員一人ひとりが活き活きと働ける職場環境の実現を目指し、人事諸制度の見直しや職場環境の整備に取り組んでまいります。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2019年度 7425人 1404人 8829人
2020年度 7484人 1434人 8918人
2021年度 7542人 1484人 9026人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2019年度 224人 45人 269人
2020年度 215人 48人 263人
2021年度 231人 43人 274人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2019年度 61% 100%
2020年度 64% 100%
2021年度 67% 100%
平均取得日数(男性のみ)
年度 平均取得日数 2週間以上取得した人数 育休取得者のうち
2週間以上取得した人の割合
2019年度 4日 7人 3%
2020年度 7日 10人 5%
2021年度 7日 18人 8%

■実施した主な施策や育休取得日数を確保できる工夫等
・社長、各部門のトップによる「大林総イクボス宣言」の実施
・社内イントラ等による男性育休取得者の事例紹介
・管理職層に対するイクボス研修の実施

入間市
入間市
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

入間市役所では、課長職以上の管理職全員が「イクボス宣言」を行い、すべての職場で育児参加のための環境整備に取り組んでいます。その他にも、代替職員の配置や、対象者への育休制度の案内、「男性育児休業等推進宣言」などの活動を通じて、男性の育児休業取得をサポートしています。
その結果、男性の育児休業取得者数は年々増加し、令和2年度は26.7%、令和3年度には50%以上の取得率となる見込みです。
今後は、「男性も育児休業をとってあたりまえ」となるよう、職場環境の整備と取得者へのサポートを積極的に進め、男性の育休取得率100%を目指します!

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2018年度 492人 394人 886人
2019年度 490人 395人 885人
2020年度 508人 402人 910人
2021年度 504人 404人 908人
2022年度 504人 412人 916人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2018年度 0人 9人 9人
2019年度 3人 11人 14人
2020年度 4人 18人 22人
2021年度 7人 16人 23人
2022年度 10人 17人 27人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2018年度 0% 100%
2019年度 30% 100%
2020年度 27% 100%
2021年度 54% 100%
2022年度 91% 100%
平均取得日数(男性のみ)
年度 平均取得日数 2週間以上取得した人数 育休取得者のうち
2週間以上取得した人の割合
2018年度 該当なし 該当なし 該当なし
2019年度 228日 3人 100%
2020年度 107日 3人 75%
2021年度 150日 7人 100%
2022年度 97日 7人 70%

■実施した主な施策や育休取得日数を確保できる工夫等
・育休条例を改正し、育休取得回数制限の緩和等の措置を講じた。
・庁内イントラネットやポスターの掲示により、育休取得回数制限の緩和の周知や男性職員の育休促進を図った。
・男性職員の配偶者が出産した際に、男性職員に向けて個別に育児休業の制度説明及び制度利用の意向確認をした。

フクヤ建設株式会社
フクヤ建設株式会社
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

2021度、男女ともに育休・復職率100%となりました。
建設会社としては女性社員(50%)が多く(産業別平均:14.2%)、女性管理職40%(平均:2.9%)も多いことから育児に関する理解や両立支援、パパ・ママを応援する社風があります。今後は育休復帰支援プランの向上やキャリアコンサルタントによる面談なども積極的に行い、仕事と育児、プライベートのバランスがうまくとれるようキャリア形成や働き方改革とともに進めていきたいと考えています。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2021年度 23人 23人 46人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2021年度 1人 1人 2人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2021年度 100% 100%
平均取得日数(男性のみ)
年度 平均取得日数 2週間以上取得した人数 育休取得者のうち
2週間以上取得した人の割合
2021年度 10日 0人 0%

■実施した主な施策や育休取得日数を確保できる工夫等
男性育休宣言やパパ休暇などの周知

株式会社テレビ新潟放送網
株式会社テレビ新潟放送網
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

TeNYで働く社員やスタッフが幸せでなければ新しい発想やより良いコンテンツは生まれないと、2021年度から全社で働き方改革「Happyワークチャレンジ!」に取り組んでいます。男性育休は2021年、アナウンサーが第一号として1か月間取得しました。2022年は東京支社と技術部門の社員2人が取得しました。子供や家族とのふれあいは学びが多いです。多様な経験が多様な発想につながるよう、また、みんなのHappyにつながるよう、職場環境を整え男性育休を推進していきます。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2021年度 74人 21人 95人
2022年度 74人 22人 96人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2021年度 1人 1人 2人
2022年度 2人 1人 3人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2021年度 100% 100%
2022年度 100% 100%
平均取得日数(男性のみ)
年度 平均取得日数 2週間以上取得した人数 育休取得者のうち
2週間以上取得した人の割合
2021年度 33日 1人 100%
2022年度 26日 2人 100%

■実施した主な施策や育休取得日数を確保できる工夫等
*前年度に男性育休を取得した社員の体験記の共有
*管理職をはじめとする社員への男性育休制度についての普及広報

株式会社デジタルホールディングス
株式会社デジタルホールディングス
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

デジタルホールディングスは、男性育休100%宣言をいたします。子育ては女性がするという偏った概念を当社グループでは完全否定し、男性も女性も子育てのために積極的に仕事を休む権利を持っていると主張します。
男性が育休を取りづらい一般的な社会環境を、企業内の環境から変えてまいります。そして、「パパとして大切な時期に子育てする」というかけがえのない経験と時間が作れるように、当社はこの取り組みを全面的に支援いたします。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2022年度 566人 456人 1022人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2022年度 25人 20人 45人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2022年度 83% 100%
平均取得日数(男性のみ)
年度 平均取得日数 2週間以上取得した人数 育休取得者のうち
2週間以上取得した人の割合
2022年度 27日 21人 84%

施策はグループで一斉に実施しているため、上記の取得者数等はデジタルホールディングスグループ全体の数値となっております。

■実施した主な施策や育休取得日数を確保できる工夫等
・出産予定を申請するフォームを作成し、申請すると男性育休に関する動画研修やセミナー及び面談の設定をフロー化した。
・2022年4月より、グループ独自のチャイルドケア休暇を必須取得で新設。(チャイルドケア休暇:家族とともに育児に向き合うことを目的に、配偶者の出産前6週から出産後8週までの期間に取得を開始し、最短10日から最長20日まで取得可能な特別有給休暇。10日間は必須取得。)
・チャイルドケア休暇取得前にDE&I推進室と上長を交えて面談を実施し、取得時期や日数、その他不安解消等のサポートを行った。

株式会社オプト
株式会社オプト
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

デジタルマーケティングを通じて、挑戦できる企業を増やす/社会を創ることを目的に、広告代理店ビジネスの変革にチャレンジしています。
事業の変革・チャレンジに限らず、リモート環境における社員の働き方、ジョブ型の人事制度の登用など時代に即した環境や制度のアップデートを積極的に取り入れています。
広告代理業界における個のエンパワーメントを発揮する組織のパイオニアとなれるよう、真のダイバーシティの実現を目指していきます。

株式会社デジタルシフト
株式会社デジタルシフト
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

「デジタルシフトに挑戦する企業と人の変革を支援し、日本社会の課題解決企業となる」というビジョンを掲げ、2020年より事業を開始致しました。
デジタル技術を活用した生産性の向上や、新しいビジネスモデルの創造などを通じて、クライアントの事業変革を推進することはもちろん、そこで働く社員の皆様やクライアントの先にいるお客様一人一人が豊かになる社会を実現していくことを目指しております。
デジタルホールディングスグループとしても、2021年にダイバーシティ、エクイティ&インクルージョン推進室を設立し、様々な活動を推進してまいりました。
未来に向けて、我々のご支援先だけではなく、当社で働く社員についても性別に関係なく多様性にあふれた働き方、生き方ができるよう、男性育児休暇100%取得を目指し、その他取り組みについても積極的に支援していく所存です。

株式会社コネクトム
株式会社コネクトム
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

そもそも、育休に男性も女性も関係ありません。
仕事はどんなポジションでも代役はいくらでも存在しますが、
お子さんやパートナーにとって、代役はあなた以外存在しません。
男性育休100%を支持します!

株式会社オプトインキュベート
株式会社オプトインキュベート
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

オプトインキュベートは「誰もが新しい価値創造に夢中になれる世界の実現」を目指し、リモートワークへの対応をはじめ、ライフスタイルの変化にも対応できる環境や仕組み作りに積極的に取り組んでおります。
今後も一人一人の挑戦を尊重し、新しい価値創造が生まれる環境醸成に努めてまいります。

株式会社リテイギ
株式会社リテイギ
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

リテイギは「全ての産業を、ともに再定義する。」というミッションの元、新規事業の創出に特化したインキュベーション会社で起業経験者、大企業出身者、エンジニアまで多様な人材がそれぞれの事業立ち上げに邁進しております。 新規事業の立ち上げ期はハードワークでないといけない、という固定観念は、当社には存在しません。 成果を最大化するために最も重要なのは、自身や家族が心身ともに充実していることにあると考えております。 そういった意味でも、それぞれの事業責任者が率先して男性育児休暇の取得を心から推奨し、後押ししていく環境を作ってまいります。 そのために、当社に集う全員に対して、心理的安全性を担保する努力をし続けたいと考えております。

株式会社RePharmacy
株式会社RePharmacy
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

極論ではありますが、男性育休については取得しない理由がないとすら思っております。
取得推進のための取り組みとして特別なことをやるというよりは、会社全体として普段から従業員全員が心理的安全性が高い状態でいることこそが肝要かと考えております。
当社は設立して1年と若く、従業員も15名程の小さい会社ではありますが、先日1名の男性社員が育休を取得することとなりました。現時点では取得率100%になりました。
引き続き、従業員のライフイベントを可能な限りサポートしていく会社でありたいと強く考えております。

JOMYAKU株式会社
JOMYAKU株式会社
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

弊社は、私をはじめ子育て中の男性社員の割合が高く、柔軟な労働を推奨しています。
人生は長いです。家族と仕事を両立できる環境を整えていきます。

株式会社バンカブル
株式会社バンカブル
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

当社では、これまでも、今後もDE&I(ダイバーシティ、エクイティ&インクルージョン)を前提とし、関わる従業員全てに対して最大限の選択肢を設けていきます。
男性育休100%宣言もその一つと捉え、必ず実現致します。

Bonds Investment Group株式会社
Bonds Investment Group株式会社
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

Bonds Investment Groupでは、男性育休100%宣言をいたします。
当社は、スタートアップ企業の成長を支援し社会に貢献するベンチャーキャピタルという役割であると同時に、ご家族やお子様の幸せや成長を支援すべき、という最も大切な価値観に基づき、男性も女性も平等に育休を取得できるよう社内環境を整えてまいります。

OPT America, Inc.
OPT America, Inc.
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

「働きがいと経済成長が矛盾しないモデルケースの一つを創る」
昨年から私直轄のプロジェクトとして、ダイバーシティ、エクイティ&インクルージョン推進室を新設しました。無意識バイアスを取り除き、一人ひとりが自由に働き方を選択できる仕組みの構築に挑戦中です。
社員のやりがいや働きがいを追求することで、競争力の源泉を作り、グループのミッションと事業目標を達成させていきます。そのため、DE&Iの取り組みにこそ『FAT(※)』のスタンスを大切にしていきたいと考えています。

※FAT:
・Fairness(公平性:誰にでも開かれたチャンスがある)
・Accountability(説明責任:過去のしがらみや慣習に流されず、自分たちの言葉で説明できる状態を作る)
・Transparency(透明性:会社も個人も自分の考えや価値観を当たり前に開示できる)

NDS株式会社
NDS株式会社
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

当社は、すべての社員とその家族が「幸福(しあわせ)」になるために、「働きやすい会社」、「働きがい溢れる職場」を目指し、「ワーク・ライフ・バランスの推進」を経営の重点施策の一つとして位置づけ、働き方改革に取り組んでいます。 特に、育児休業については、2016年より3日間を有給としたことで男女ともに取得率100%を達成していますが、3日超の育児休業を取得する男性はまだ少ない状況です。男性の長期育児休業取得を会社が推進していくことは、従来の働き方や考え方に変化をもたらし、社員の意識改革や組織の風土改革に繋がります。 これからも、男女とも安心して育児休業を取得できる環境づくりを推進することで、仕事と育児の両立を応援していきます。

育児休業取得状況
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2022年度 41人 5人 46人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2022年度 100% 100%
株式会社クレスコ
株式会社クレスコ
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

当社では『クレスコ憲章』の第一に「人間中心」を掲げています。まさに経営資源は人財そのものであり、ひとりひとりの活躍が会社の成長と発展につながります。 私たちが私たちの手で“わくわくする未来”を切り拓いていくためには、仕事と育児を両立できる安心な職場環境が求められています。当社は、ますます社員のワークライフバランスを充実させ、次世代を育む社会の担い手づくりに貢献してまいります。
【今後に向けた意気込み】
1.育児は社員の成長にもつながります!家庭のために積極的な育児参加を推奨します!
  育児休業 または 出産休暇 の取得を推し進めます。
2.育児のために休める職場風土をつくります!
  役員・管理職をはじめ全社的な意識改革に取り組みます。
3.出産・育児は誰にとってもお互い様の人生イベントという認識を広めます!
  誰が休んでも補い合える職場づくりに取り組みます。
4.妊娠のための治療を支援します!
  子をもちたいという想いをサポートできるように、制度を整えます。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2021年度 989人 302人 1291人
2022年度 1013人 336人 1349人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2021年度 11人 12人 23人
2022年度 13人 10人 23人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2021年度 37% 100%
2022年度 45% 100%
平均取得日数(男性のみ)
年度 平均取得日数 2週間以上取得した人数 育休取得者のうち
2週間以上取得した人の割合
2021年度 135日 10人 91%
2022年度 105日 13人 100%

■実施した主な施策や育休取得日数を確保できる工夫等
・男性社員が、配偶者が出産した場合に取得できる出産休暇(有給の特別休暇)を2日から5日に拡充
・失効年次有給休暇の使途について、新たに子の出生後6ヵ月以内に10日を限度に取得することができるように拡充
・不妊治療のために年5日を限度に取得できる「出生サポート休暇」を新設
・ベビーシッターサービスの利用時に使用できる割引券の発行制度を新設
・社員や配偶者の妊娠を新たに届出事項とし、上司は届出を行なった社員の育休取得の意向を確認し、取得意向のない社員に対しては取得を促すこととするようにワークフローをシステム化

社会保険労務士法人 レクシード
社会保険労務士法人 レクシード
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

社労士事務所として、企業の労務管理を担う立場であります。 まずは自社から率先して制度活用を推進し、ワークライフバランスを実現しながらその能力を発揮できる環境を提供していきます。 その環境下において、より有能な社員が業績に貢献できる、業績が向上する、人材採用においての他社との優位性、社内体制の整備手法等の実例を提供していきます。 社労士としての職責として、全国のワークライフバランスを実現したい企業へのサポートも併せておこなってまいります。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2019年度 1人 4人 5人
2020年度 1人 4人 5人
2021年度 1人 4人 5人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2019年度 1人 1人 1人
2020年度 0人 1人 1人
2021年度 0人 1人 1人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2019年度 100% 100%
2020年度 100%
2021年度 100%
平均取得日数(男性のみ)
年度 平均取得日数 2週間以上取得した人数 育休取得者のうち
2週間以上取得した人の割合
2019年度 7日 0人 0%
2020年度 該当なし 該当なし 該当なし
2021年度 該当なし 該当なし 該当なし
日立造船株式会社
日立造船株式会社
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

当社では、各種制度の整備や情報提供・研修等の取組みを通じて、仕事と育児が両立する職場づくりを推進しています。 男性職員の育休関連休暇取得率は2020年度で27.0%、2021年度で46.0%と順調に増加していますが、今回は取得率100%と大きな目標を掲げました。 当社において男性職員の育休関連休暇取得が当たり前となるためには、男性職員やその周囲の上司、同僚だけではなく、職員一人ひとりが働き方改革やダイバーシティ&インクルージョンについて考え、実行していくことが重要です。 今回を機に、改めて役職員の皆さんの「仕事と家庭生活の両立」を支援することを宣言したいと思います。お互いを認め支えあい、自分らしく生き、働いていける当社の豊かな未来を目指して、果敢に挑戦していきます!

株式会社北都銀行
株式会社北都銀行
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

北都銀行では、多様な人材が互いを尊重し合いながら、個々の能力を最大限に発揮できる魅力的な職場環境の実現に向け、各種施策を推進しています。その取組みの一環として、2015年4月より育児休業取得開始日から5日間を有給化する「育児休業の一部特別休暇付与」制度を実施。女性のみならず全従業員の育児休業取得を促進した結果、男性育休取得率は2018年より100%を継続しております。当行を含むフィデアグループの「サステナビリティ方針」では、重要課題の1つとして「働きがいのある職場づくり」を掲げております。引き続き、従業員満足の向上を起点としたお客さま満足の向上を目指し、従業員一人ひとりが働きがいを持って能力を十分に発揮できる仕組みづくりと、安心して働き続けることができる働きやすい職場環境の整備に努めてまいります。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2019年度 574人 704人 1278人
2020年度 547人 648人 1195人
2021年度 508人 596人 1104人
2022年度 432人 284人 716人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2019年度 22人 19人 41人
2020年度 16人 18人 34人
2021年度 9人 20人 29人
2022年度 20人 13人 33人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2019年度 100% 100%
2020年度 100% 100%
2021年度 100% 100%
2022年度 100% 100%

■実施した主な施策や育休取得日数を確保できる工夫等
秋田県主催の『プレパパ・プレママ』のセミナーへ参加。

株式会社荘内銀行
株式会社荘内銀行
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

荘内銀行は、企業内保育施設の設置や、育休者の復職支援、テレワーク対象者の拡充、「仕事と育児の両立支援ガイドブック」の作成等、仕事と家庭の両立を支援する取り組みが評価され、プラチナくるみんの認定を受けています。また、人事部門と各部店の上司が連携し部下の育休取得を促すなど、育休に対する職場の意識向上にも努めています。結果、育休取得率は男女ともに3年連続100%を達成しています。 当行を含むフィデアグループの「サステナビリティ方針」では、重要課題の1つとして「働きがいのある職場づくり」を掲げております。引き続き、従業員満足の向上を起点としたお客さま満足の向上を目指し、従業員一人ひとりが働きがいを持って能力を十分に発揮できる仕組みづくりと、安心して働き続けることができる働きやすい職場環境の整備に努めてまいります。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2019年度 588人 742人 1330人
2020年度 514人 685人 1199人
2021年度 481人 639人 1120人
2022年度 416人 572人 988人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2019年度 17人 18人 35人
2020年度 21人 22人 43人
2021年度 22人 24人 46人
2021年度 23人 24人 47人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2019年度 100% 100%
2020年度 100% 100%
2021年度 100% 100%
2022年度 100% 100%
フジモトHD株式会社
フジモトHD株式会社
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

当社では、ベビー商品を取り扱う企業として、子育て支援に関する制度の充実を図ってまいりました。さらに、2021年11月には「産後8週までに取得した、5日間の育児休業を有給とする」制度の創設や、子育て支援サポートガイドブックの配信を行い、さらに育児休業が取得しやすい環境を整備しています。 今後も、ダイバーシティ&インクルージョンの考えのもと、働きやすい、そして働き甲斐のある職場を目指していきます。

ピップ株式会社
ピップ株式会社
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

当社では、ベビー商品を取り扱う企業として、子育て支援に関する制度の充実を図ってまいりました。さらに、2021年11月には「産後8週までに取得した、5日間の育児休業を有給とする」制度の創設や、子育て支援サポートガイドブックの配信を行い、さらに育児休業が取得しやすい環境を整備しています。 今後も、ダイバーシティ&インクルージョンの考えのもと、働きやすい、そして働き甲斐のある職場を目指していきます。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2021年度 886人 1544人 2430人
2022年度 494人 220人 714人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2021年度 2人 10人 12人
2022年度 4人 10人 14人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2021年度 20% 100%
2022年度 27% 100%

■実施した主な施策や育休取得日数を確保できる工夫等
「育児休業5日間有給化」を設定し経済的支援を行った。「男性育休100%宣言」の社内周知

名古屋市信用保証協会
名古屋市信用保証協会
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

■これまでの取組
名古屋市信用保証協会では、SDGsの推進を図る中で、職場だけでなく、家庭や地域においても、すべての職員がいきいきと活躍できるよう、職員の仕事と生活の両立を応援しながら、率先して働き方を改革し、組織としての成果も挙げていく職場づくりに取り組んでいます。
主な取組内容は以下の通りです。
・子育て支援制度の周知及び意識啓発を図るため、「子育て支援ハンドブック」を作成し、全職員に配布した。
・会長始め課長以上の管理職職員がイクボス宣言を行い、職場全体として子育て支援の意識啓発を図った。
・出産・子育てを経験した職員の中から子育て支援相談員を募集し、子育て職員をサポートする体制を整備した。
■今後の意気込み
いきいきと働きながら次代を担う子どもたちを安心して健やかに育てていくため、「育児休業取得率100%」を女性職員については維持し、男性職員については今後目指していきます。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2019年度 88人 20人 108人
2020年度 85人 23人 108人
2021年度 84人 22人 106人
2022年度 74人 26人 100人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2019年度 1人 1人 2人
2020年度 0人 0人
2021年度 1人 1人
2022年度 1人 1人 2人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2019年度 33% 100%
2020年度 0%
2021年度 50%
2021年度 50% 100%
平均取得日数(男性のみ)
年度 平均取得日数 2週間以上取得した人数 育休取得者のうち
2週間以上取得した人の割合
2022年度 14日 1人 100%
ディップ株式会社
ディップ株式会社
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

ディップでは、フィロソフィーに「仕事、人生を楽しむ」を掲げ、「社員幸福度No.1」を目指しています。
これまでも、多様な強みや能力を持つ社員一人ひとりが、不安なくその能力を発揮して活躍し、プライベートを楽しみ、心身共に充実した人生を送れるよう、さまざまな取り組みを行ってきました。
育児に関しては、常々「女性に家事や育児を任せきりにしない。出産は女性にしか出来ないが、育児は男女ともに公平に取り組むことができる。そして、社員が育児をしながら働くためには上司や同僚の理解と協力し合う職場風土が必要不可欠」と伝えています。
今後も、男性育児休暇100%取得をめざし、様々な制度の導入や職場風土づくりに取り組んでまいります。

株式会社乗富鉄工所
株式会社乗富鉄工所
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

福岡県柳川市で水門を作っている会社です。
製造業の人気の低下と時代遅れの労働環境に嫌気がさした若い職人を中心に2017年から2020年にかけて30%の職人が離職し、これをきっかけに新しい鉄工所に生まれ変わる決意をしました。

以来、社員が誇りをもてるようなプロダクトブランド「ノリノリプロジェクト」を立ち上げ、地域住民やデザイナーや学校、志を同じくする同業他社などと関わりながら鉄工所の新しい形を模索してきています。
働き方の面では工場全体に遮熱塗料を施して夏季の暑さを緩和したり、趣味に対する出費を補助する「ノリノリ手当」を導入したり、男性の育児休暇を推奨したり、勤務時間を選択できるようにしたりと、社員のワークとライフを楽しくするためのさまざまな取り組みを行っています。

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト
株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

日立ソリューションズ・クリエイトでは、「違いを認めて輝く~Diversity for All~」をスローガンに、DEIを進めております。その中で仕事と育児の両立支援として、産前産後休暇・配偶者出産休暇を設け、短時間勤務は法の定める3歳未満までを大きく上回る「小学校卒業まで」継続でき、また育児休暇は法の定める1歳までを大きく上回る小学校1年修了までの通算3年間取得できます。さらには、実際に育休取得をした先輩社員との気軽な対話を通じて、仕事と育児の両立ノウハウを得られる意見交流会などを積極的に開催しています。
このような制度の充実に加え、運用を推進する風土づくりが必要と認識し、今般、男性育休100%宣言を行い、私自身も今後も先頭に立って、誰もが仕事と育児を両立しやすい職場づくりに取り組んでいきます。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2019年度 2648人 564人 3212人
2020年度 2720人 582人 3302人
2021年度 2752人 613人 3365人
2022年度 2831人 655人 3486人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2019年度 33人 17人 50人
2020年度 40人 22人 62人
2021年度 23人 20人 43人
2022年度 114人 47人 161人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2019年度 54% 100%
2020年度 57% 100%
2021年度 46% 100%
2022年度 100% 100%
平均取得日数(男性のみ)
年度 平均取得日数 2週間以上取得した人数 育休取得者のうち
2週間以上取得した人の割合
2019年度 17日 9人 27%
2020年度 26日 10人 25%
2021年度 23日 8人 35%
2022年度 88日 19人 17%

■実施した主な施策や育休取得日数を確保できる工夫等
・男性育休100%宣言に関する社長メッセージの発信
・「日立グループ産休前・復職支援セミナー」の展開
・「仕事と育児」に関する意見交流会定期開催

株式会社アイエスエフネット
株式会社アイエスエフネット
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

アイエスエフネットでは、従業員が長く働きやすい環境を目指して「男性育休100%達成」を2025年までの目標として掲げました。現在、女性社員に対するサポートはもちろん、育児休業取得を希望している男性社員に対してより制度を活用しやすい環境の整備に注力しています。たとえば、休業前から丁寧に面談が行われたり、育児休業の最初の5日間を有休(育児有給休暇)として取得できたりと手厚い支援体制がございます。その結果、2019年には8.7%だった男性育休(育児休業・育児有給)取得率が2021年には90%を超えました。また実際に育児休業を取得された社員へのインタビューや研修を通して、更なる男性育児休業の促進に向けて取り組んでいます。
社員が安心して育休を取得できるよう、引き続き手厚い支援体制を整えてまいります。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2019年度 1652人 590人 2242人
2020年度 1670人 645人 2315人
2021年度 1696人 639人 2335人
2022年度 1779人 668人 2447人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2019年度 17人 11人 28人
2020年度 27人 19人 46人
2021年度 20人 16人 36人
2022年度 26人 13人 39人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2019年度 74% 100%
2020年度 79% 100%
2021年度 91% 100%
2022年度 74% 100%
平均取得日数(男性のみ)
年度 平均取得日数 2週間以上取得した人数 育休取得者のうち
2週間以上取得した人の割合
2019年度 110日 2人 12%
2020年度 81.6日 7人 26%
2021年度 67.6日 8人 40%
2022年度 104.5日 19人 73%

■実施した主な施策や育休取得日数を確保できる工夫等
2020年度:男性管理職が率先して育児休業を取得することで、全社員が取得しやすい環境を創ってまいりました。
2021年度:女性活躍推進委員会が中心となり、会社の制度や仕組みづくりに取り組んでいます。
2022年度:・男性育休取得率100%を目指して、3ヵ年計画を策定いたしました。
・男性社員がより育児休業を取得しやすくなるよう、すでに取得した男性社員2名に取得にあたっての事前準備や休業中の様子、今後の課題などをインタビューしました。またその内容を社内に展開し、社員が安心して育児休業を取得できるよう取り組んでいます。
・弊社では、毎年新米ぱぱさん、ままさんが誕生しており育児にお仕事に奮闘しています。新米ぱぱさんやままさんの不安ごとを解消するため、豆知識などのお役立ち情報を先輩ぱぱさん、ままさんから教えていただくことで今まで知らなかった子育て情報に触れる機会になればと思い、子育てFAQサイトを開設しました。
・社員に育児休業取得の理解を深めるため、2022年1月に広島県主催の講座「男性育休促進で会社を変える イクメン入門講座」を全国の社員向けに、オンラインで実施しました。グループワークを含む講座で、育児休業に関する法律や制度、モデルケースを紹介。男性が育児休業を取得することは、当事者に加え、会社や家庭にとってもメリットが大きいことを参加者に理解していただく機会となりました。
・育児休業の取得促進のため、新たに「育児休業時所得保障給付金」を導入いたしました。
本制度は、弊社独自の「すまいる共済会」から入社1年以上経過している会員を対象として、30日を超えて育児休業を取得した場合や、休業開始後180日を超えた時点でその後180日以上休業をする予定である場合に、給付金が支給されます。

ピジョン株式会社
ピジョン株式会社
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

育児用品を扱う当社では早くから男性の育児休業取得を推奨してきました。
「ひとつきいっしょ」という独自の育児制度を作り、2015年から男女共に100%の取得率を維持しています。
2021年には「社員で作り上げる育児制度プロジェクト」を立ち上げ、子育て中の社員28名が参加し、社員の生の声を反映した新制度が出来上がりました。配偶者の産前産後に取得できる「はじめていっしょ休暇」、小学校4年生までの時短勤務等、社員の多様なライフスタイルに柔軟に対応できる環境を実現しています。
こういった試行錯誤から蓄積されたナレッジを社会に共有する取り組みも行っており、制度設計や風土づくりを推進し、育児と仕事を両立しやすい社会環境を作っていくことも我々の使命であると考えます。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2019年度 223人 138人 361人
2020年度 226人 147人 373人
2021年度 218人 150人 368人
2022年度 205人 140人 345人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2019年度 7人 5人 12人
2020年度 7人 8人 15人
2021年度 9人 10人 19人
2022年度 7人 7人 14人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2019年度 100% 100%
2020年度 100% 100%
2021年度 100% 100%
2022年度 100% 100%
平均取得日数(男性のみ)
年度 平均取得日数 2週間以上取得した人数 育休取得者のうち
2週間以上取得した人の割合
2019年度 31日 7人 100%
2020年度 31日 7人 100%
2021年度 31日 9人 100%
2022年度 36日 7人 100%
マルハニチロ株式会社
マルハニチロ株式会社
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

マルハニチログループは、従業員一人ひとりの能力を最大限に発揮することが持続的な企業の成長のために重要との考えのもと、ダイバーシティ&インクルージョンの推進を行う中で、女性活躍・男性育休促進においても方針の整備とともに各種施策を展開しております。

・社内ポータルサイトでの妊娠・出産・子育て支援制度、手続き案内の拡充
・仕事と育児の両立支援情報「TOPAPAスムカム」コンテンツを開設し、男性育休取得者の手記を社内公開
・子育てに関わる社員や管理職を対象としたセミナー・e-learningの実施

今後も、誰もが自らの強みを存分に発揮し、その能力を最大限に生かすことができる職場環境づくりに取り組み、男性育休100%を実現します。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2019年度 1457人 412人 1869人
2020年度 1448人 446人 1894人
2021年度 1444人 469人 1913人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2019年度 30人 32人 62人
2020年度 17人 23人 40人
2021年度 15人 23人 28人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2019年度 33% 100%
2020年度 43% 100%
2021年度 36% 100%
平均取得日数(男性のみ)
年度 平均取得日数 2週間以上取得した人数 育休取得者のうち
2週間以上取得した人の割合
2019年度 4.1日 1人 3%
2020年度 15日 1人 6%
2021年度 7日 1人 7%
福岡市
福岡市
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

男性の育児休業の取得促進は、女性の継続就業による労働人口確保や次世代を担う子どもたちを安心して生み育てる環境の整備などの観点から、社会全体で取り組むべき重要な課題です。  福岡市役所では、「パパ・すくすく子育て運動」として、子どもが生まれた男性職員とその上司へのリーフレットの配付や、上司から積極的に育児休業等の制度活用を促す面談の実施などに取り組み、順調に取得率を伸ばしてきました。
この度、男性の育児休業取得率100%という目標を掲げ、宣言することにより、育児休業を取得したい職員がより安心して取得できる雰囲気を醸成するとともに、取組みの輪が民間企業や団体にも広がっていくことを期待しています。

育児休業取得状況
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2021年度 164人 352人 516人
2022年度 290人 415人 705人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2021年度 35% 100%
2022年度 61% 100%
株式会社スエヒロ工業
マルハニチロ株式会社
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

当社は「従業員・協力会社、そしてその家族が幸せであること」を目標に、事業を展開しています。

現時点では、
・取得希望の夫婦にヒアリング
・対象者への制度研修
・管理職とのMTG
・業務の棚卸し
などを経て、産後の体制を会社一丸となって整備。

当社では、2022年夏に、初めて男性育休を取得する従業員がいます。
従業員のパートナーが、心地よい産後を過ごせるよう、ママ社員から男性社員に「こんなサポートを!」という指南書を渡し、新しい家族の形を育む期間になるよう、全力で応援します。

男性育休の取得を通して、「育児・介護・療養など、誰もが休みたいときに休める体制を作る」「他の社員を応援する雰囲気を作る」のが目標です。

パナソニック インダストリー株式会社
マルハニチロ株式会社
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

当社は、「人財資産」を中核に据えた人事制度の大胆な改革などにより、人が育ち、人が働きやすい職場環境づくりに取り組んでいます。そのベースとして「Differences are wonderful」を合言葉に、DEI(ダイバーシティ、エクイティ&インクルージョン)の活動を積極的に推進しています。
取り組みの一つとして、男性の育休取得推進を行い、人事や上司からの積極的な声かけや先輩取得者との懇談会の開催、2022年10月からは育児休業を最大で4週間を有給化するなど制度改革を行い、職場と家庭の両方において男女がともに貢献できる環境作りに力を入れております。
男性の育休取得が進む事で、互いを認め合う風土づくりや効率的な働き方が促進され、より生産性の高い職場の実現に繋がると考えており、「取得率100%」をめざして取り組んでまいります。

株式会社Timers
株式会社Timers
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

Timersは「Famm」ブランドを通じて、子供のいる女性がより理想のライフデザインを実現できるようなソリューションを展開してきました。 一方、女性の産後うつを防ぎ、女性の生きる選択肢をより広げるためには、男性が当たり前に家事育児を担う社会形成・価値観浸透が急務です。2021年に男性育休の「義務化(1ヶ月以上・収入補填あり)」を行い、更に分割取得の推奨制度を導入し、私自身も1ヶ月と、追加で2週間の育児の為の休暇を取得しています。 男性が育休を取ること。これは企業と出産に恵まれた全ての男性ができる社会インパクトの大きいソーシャルアクションと捉え、一人でも多くの男性が育休を取る社会づくりに貢献してまいります。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2019年度 20人 25人 45人
2020年度 22人 35人 57人
2021年度 29人 42人 71人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2019年度 0人 0人 0人
2020年度 4人 1人 5人
2021年度 1人 4人 5人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2019年度
2020年度 100% 100%
2021年度 100% 100%
平均取得日数(男性のみ)
年度 平均取得日数 2週間以上取得した人数 育休取得者のうち
2週間以上取得した人の割合
2019年度
2020年度 45日 4人 100%
2021年度 43日 1人 100%

■実施した主な施策や育休取得日数を確保できる工夫等
2021年2月
男性の育児休業は7日間取得を義務とし、1ヶ月以上を推奨。7日間については、男女問わず全従業員を対象に、育児休業給付金を受け取っても減少する所得の差額分について会社から補助を支給。
2021年12月
男性従業員は1ヶ月間の育児休業を取得する事を義務化し、1ヶ月間の育児休業期間中に関しては男女問わず全従業員に対し、収入が減少しないよう特別補助を支給。

株式会社ドコモgacco
株式会社ドコモgacco
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

これからの人生100年時代、誰もが長く働き続け学び続けることが重要となります。
ドコモgaccoはテクノロジーによる学び体験の提供で誰もが自信をもって自分の人生を選べる世界を目指しております。
社員もまた女性男性関わらず自信をもって自分の人生を選んでいくために会社としては多様な働き方の支援が必要です。
男性育休100%はその多様な働き方の支援のひとつだと考えます。
会社としても多様な人材・働き方を企業の強みに変えていく機会だととらえ、
積極的に男性育休促進に取り組み、働きやすく働きがいのある職場環境づくりに取り組んでまいります。

レッドホースコーポレーション株式会社
レッドホースコーポレーション株式会社
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

当社は「ダイバーシティ」の観点から「性別や年齢、国籍などの様々な格差を埋め、お互いが信頼し助け合うことでどんな立場でも能力が発揮できる組織」を目指し活動を行っており、ファーストステップとして「女性の活躍推進」に力を入れています。
その活動の中で、女性の活躍推進のためには社内だけでなく社会すべての女性の活躍を願う会社でなければならないと考え、2021年度より男性の育休取得率100%を目指し、男性の育児休業促進に取り組んでまいりました。2022年9月現在においては、取得率100%を達成しておりますが、今後この取得率を維持していけるよう取得を促進してまいります。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2022年度 146人 152人 298人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2022年度 2人 10人 12人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2022年度 100% 100%
平均取得日数(男性のみ)
年度 平均取得日数 2週間以上取得した人数 育休取得者のうち
2週間以上取得した人の割合
2022年度 55日 2人 100%

■実施した主な施策や育休取得日数を確保できる工夫等 1、「男性向け育児休業取得ガイドブック」の改定
『近い将来取得をする可能性がある社員』や『父親になるのはまだまだ先…と考える若い世代』向けに、取得条件や取得タイミング、メリット、収入などをわかりやすく説明しているガイドブックを作成し、その改定を行いました。
2、社内SNS内での子育てコミュニティの作成
子育中の社員同士の繋がれる場を提供することで育休中、孤独感を感じるという課題の解決を目指して社内SNS内に子育てコミュニティを作成しました。(コミュニティ人数:約50人)
3、時短勤務の範囲拡大
小学校にあがる際に直面する課題「小1の壁」や学童受け入れが難しくなる「小4の壁」などの課題解決、復帰後の働き方の選択肢見直しのため、時短勤務可能期間・時間の改正を行いました。

株式会社ゼネラルパートナーズ
株式会社ゼネラルパートナーズ
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

ゼネラルパートナーズは、2017年の第二創業期にクレド(企業理念)を刷新しました。「誰もがワクワクする人生」をビジョンとして掲げ、これをきっかけにコアタイムなしのフルフレックス制、子育てに関係なく全社員が時短を取得可能、フルリモートにすると同時に副業も解禁し働き方改革を一気に進めました。障害のある人の雇用環境を創っていくことを事業としている弊社では、性別や障害といった違いを当たり前に内包しながら、一人ひとりがLIFEに合った働き方を自ら選択できる環境を目指しています。男性育休については、2022年度は6名が取得しました。女性社員の育休は100%となっており、今後は男性育休100%を宣言し、安心して育休を取得できる環境づくりに取り組んでいきます。

愛知銀行
愛知銀行
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

愛知銀行は、多様な背景を持ちながら働く行員一人ひとりが、能力を発揮して活躍できる企業を目指し、ダイバーシティ&インクルージョンの推進に取り組んでいます。
育児においては、共働きが一般的になった現在、男女問わず仕事と家庭を両立できる環境を整備することが重要と考え、男性の育児休業または育児目的休暇取得率100%を目標に掲げています。
今後も、すべての行員が幸せを実感できるよう、ワーク・ライフ・バランスを実現できる環境の整備を進めるとともに、ES(従業員満足度)の高い働きがいのある企業を目指してまいります。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2020年度 1134人 940人 2074人
2021年度 1110人 937人 2047人
2022年度 1106人 937人 2043人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2020年度 29人 36人 65人
2021年度 21人 36人 57人
2022年度 23人 28人 51人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2020年度 76% 100%
2021年度 48% 100%
2022年度 88% 100%
平均取得日数(男性のみ)
年度 平均取得日数 2週間以上取得した人数 育休取得者のうち
2週間以上取得した人の割合
2020年度 6.4日 1人 3%
2021年度 1.9日 0人 0%
2022年度 6.8日 6人 26%
株式会社JTBコミュニケーションデザイン
株式会社JTBコミュニケーションデザイン
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

当社は、全ての従業員が各々のライフステージに合わせ、心身ともに健康で、高い生産性を実現できる“働き方改革”を積極的に進めており、これまでにリモートワークやフレックスタイム制等を導入してきました。
2022年度は新たに2週間を有給とする育児休業制度を導入し、男女が同じようにキャリアを形成できるような職場を目指し環境を整えてまいります。
男性の育休取得は、プライベートにおいて家族の絆を育むかけがえのない時間となりますが、業務面においても仕事の進め方を見直し、視野を広げ、より生産性を意識した取り組みにつながる非常に良い契機となります。従業員がより働き甲斐を感じられるような職場を目指して早期の取得率100%を実現致します。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2019年度 550人 835人 1385人
2020年度 517人 840人 1357人
2021年度 552人 934人 1486人
2022年度 454人 829人 1283人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2019年度 1人 11人 12人
2020年度 3人 18人 21人
2021年度 3人 13人 16人
2022年度 1人 12人 13人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2019年度 6% 100%
2020年度 23% 100%
2021年度 33% 100%
2022年度 13% 100%
平均取得日数(男性のみ)
年度 平均取得日数 2週間以上取得した人数 育休取得者のうち
2週間以上取得した人の割合
2019年度 15日 1人 100%
2020年度 139日 3人 100%
2021年度 92日 2人 67%
2022年度 53日 1人 100%

■実施した主な施策や育休取得日数を確保できる工夫等
・最大14日まで有給とした産後パパ育休制度の新設
・休職期間中の就業を可能とした(労働日数、労働時間に条件あり)

株式会社イトーキ
株式会社イトーキ
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

イトーキは、心と身体の健康を維持し、社会に対しイノベーションの創出と価値提供を生み出し続ける企業を目指し、その下支えとなるダイバーシティ&インクルージョンを推進しています。

なかでも、育児キャリア支援については、複数回の面談機会を設け、継続就労や生産性向上につなげています。また、2018年度からは、『育児支援ハンドブック』に加え『仕事と育児の両立支援ブック For Men』を発行し、男性社員の育児休業取得も年々増加しています。

今回、新たに「男性の育児休業取得率100%」を目標に掲げ、男女の分けなく育児休業が取得できる風土の醸成に取り組むとともに、子育て中の社員がイキイキと働き続けられるよう、さらなる両立支援を進めてまいります。

株式会社読売広告社
株式会社読売広告社
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

YOMIKOには「YOMIHug制度」というダイバーシティ推進制度があります。「YOMIHug 制度」は社員の多様な働き方や生き方を受け止め、サポートし、ひとりひとりの“活躍のかたち”を模索・実現していくダイバーシティ推進施策の総称です。その中でも、今後中堅やリーダークラスになっていく未来世代のみなさんに「自分が子供を持ったとしても長く働いていける」という安心感を提供することは、経営の重要な役割だと認識しています。​男性育休100%取得宣言も、そんな企業の姿勢を表す施策として、推進して​いきたいと思います。​

SDGusサポーターズ株式会社
SDGusサポーターズ株式会社
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

スタッフにとって会社が自己実現の場となるように、能力を最大限発揮できる体制づくりとして、リモートワークとユーティリティ業務制度を構築しています。
子育てと仕事を両立できる体制をより強固なものとするべく、男性社員が育休100%取得できる職場づくりを目指すことを宣言します。
自社のみならずクライアントにも積極的に提案していくことで、誰もが安心して働ける持続可能な社会づくりに貢献していきます。

株式会社ウェイバック
株式会社ウェイバック
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

男性の育児休業の取得促進は、女性の継続就業による労働人口確保や次世代を担う子どもたちを安心して生み育てる環境の整備などの観点から、社会全体で取り組むべき重要な課題です。
会社としても多様な人材・働き方を企業の強みに変えていく機会だと考え、在宅ワークなど新しい新しい働き方に加えて積極的に男性育休促進に取り組み、働きやすく働きがいのある職場環境づくりに取り組んでまいります。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2021年度 1人 1人 2人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2021年度 1人 0人 1人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2021年度 100%
平均取得日数(男性のみ)
年度 平均取得日数 2週間以上取得した人数 育休取得者のうち
2週間以上取得した人の割合
2021年度 150日 1人 100%
住友重機械工業株式会社
住友重機械工業株式会社
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

当社グループでは、2016年、当時の代表取締役社長 CEOによる「住友重機械グループ ダイバーシティ推進宣言」を発布以来、多様な社員が個性や特性を活かし、いきいきと活躍できる職場環境の整備に努めています。男性の育児休業の取得促進は、女性活躍や人材確保の観点からも重要な施策の一つとして位置付けています。
これまで「育児に関する会社の制度概要の周知」に加え、「男性本人やその上司に対する育休取得の呼びかけ」や「育休取得を検討中の社員に向け、社内相談窓口を設置」などの取り組みを行ってまいりました。取り組みの成果もあり、男性の育児休業取得率は2016年度は5.1%でしたが、2022年度は66.7%(制度休暇を含めた場合、93.7%)と取得者が年々増加しています。
ここに男性育休100%宣言を行い、男性社員も当たり前に育児休業を取得するという文化の醸成を加速させます。引き続き、当社グループで活躍する社員がキャリアとライフをより一層充実させ、働きがいと働きやすさを感じられる職場づくりを推進していきます。

■実施した主な施策や育休取得日数を確保できる工夫等
対象社員への制度案内と取得の意向確認を個別に行いました。

九州電力株式会社
九州電力株式会社
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

当社は、「さまざまな価値観やライフスタイルをもつ従業員が、あらゆる課題に挑戦し、いきいきと活躍できる会社となること」を目指して、様々な取組みを進めています。
その中で、男性の育児参画は当社が更に発展していくうえで重要な取組みであると考えており、「男性育児休職取得率100%」という目標に向けて、「いくQ‐over 2 weeks-」をスローガンに掲げ、男性社員が2週間以上休職を取得し育児に専念することを推奨しています。具体的な取組みとして、育児休職の一部有給化や、パパとしての心構え等を掲載した独自の父子手帳(PAPANOTE)の発行、出生後の社長オリジナルメッセージカードの送付等により、育児休職取得を後押しし、休職取得が「当たり前」になるような組織風土づくりを進めています。
今後も、多様な人材が働きやすく、成長・働きがいを感じる、明るい前向きな職場づくりを目指して、取組みを推進してまいります。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2020年度 9811人 1137人 10948人
2021年度 9667人 1189人 10856人
2022年度 7936人 899人 8835人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2020年度 11人 57人 68人
2021年度 26人 47人 73人
2022年度 225人 54人 279人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2020年度 4% 98%
2021年度 8% 100%
2022年度 81% 100%
平均取得日数(男性のみ)
年度 平均取得日数 2週間以上取得した人数 育休取得者のうち
2週間以上取得した人の割合
2022年度 31.3日 123人 55%
・従業員数は、九州電力、九州電力送配電の在職者
・2020年4月より九州電力㈱の送配電部門が九州電力送配電㈱として分社されたが、共通の目標であることから、九州電力・九州電力送配電の2社合算で数値を算定

■実施した主な施策や育休取得日数を確保できる工夫等
・育児休職の一部有給化
・所属長による制度周知・休職取得意向確認
・父子手帳(PAPANOTE)の配布
・子が生まれた従業員に社長からのオリジナルメッセージカード(ハローベビーカード)を送付
・育児休職を取得しやすいように相談窓口の設置
・育児休職取得推進に関する全管理職を対象とした研修や、育児中・育児前の従業員を対象を対象とした父親学級を開催
・社内イントラネットにて育児休職取得事例を紹介

東京大学大学院工学系研究科
東京大学大学院工学系研究科
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

東京大学大学院工学系研究科では、ワーク・ライフバランスやDE&I推進に係る課題を組織運営上の最優先事項として取り組んでいます。具体的には、働き方改革推進の一環として、2022年4月には、「働き方改革アクションプラン」を策定し、ライフイベント支援、若手研究者の支援、業務のDX化、会議の効率化を進めてきました。さらに、2023年3月には、「働き方改革行動宣言」を公表しました。働き方改革を加速化させ、男性・女性ともに教職員の育児休業取得率100%の早期達成を目指します。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2021年度 1181人 778人 1959人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2021年度 1人 16人 17人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2021年度 5% 76%
株式会社フジテレビジョン
株式会社フジテレビジョン
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

当社では、豊かで多彩なコンテンツを世の中に発信する企業として、子育て中の社員が生き生きと働き続け、生活者の心に寄り添うコンテンツを創出できるよう取り組んで参りました。男女問わずそれぞれのライフステージに合わせて多様な働き方を選択することが、多彩な視野から、さらに信頼される情報や感情に訴えるコンテンツをお届けできる推進力になると考えています。今後も、働きやすい、そして働きがいのある会社を目指していきます。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2022年度 852人 314人 1166人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2022年度 29人 9人 38人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2020年度 20% 91%
2021年度 31% 81%
2022年度 76% 90%
平均取得日数(男性のみ)
年度 平均取得日数 2週間以上取得した人数 育休取得者のうち
2週間以上取得した人の割合
2022年度 26日 18人 62%

■実施した主な施策や育休取得日数を確保できる工夫等
育休取得促進のためにまずは制度の周知に努め、社内イントラ内に出産・育児・介護の特設ページを開設、併せて窓口を明確化しました。その結果、取得人数及び日数が増えております。年度末にはNHK・民放キー局で初めて男性育休100%宣言に賛同、これをきっかけとして、いっそう働きやすい職場を目指していきます。

こども家庭庁
こども家庭庁
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

こども家庭庁では、職員とその配偶者が共に子育てに参画し、健康的に過ごすことができることが重要と考えております。
そのため産後うつのピークである期間にあわせ、最低でも男性も育児休業・休暇が合計1か月以上取得できるように以下のことを実施いたします。
・管理職の育休に関する研修の実施
・当事者(該当者)への面談(情報提供、取得勧奨)の実施
・介護との両立や健康上の理由等への配慮に関することも含めて、庁内全体の理解度向上のため、当事者に関わらず職員への周知
・育休取得経験者等の体験を共有できる機会を作る(ピアサポート、メンター的な取組を具体化)
・育児・介護等により業務から離れる職員の担当業務のカバーについて、組織全体で業務分担の見直しを行い、長期間休業を取得する者がいる場合に適切な採用を行う等の対応を行うとともに、業務上の負担が増加した者については、人事評価に反映する等の配慮を行う
これまでにも、男性育休法制化を議連として牽引してきた和田義明副大臣による男性育休研修を管理職向けに実施しております。

東亜建設工業株式会社
東亜建設工業株式会社
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

当社はESG/SDGs行動計画の重要課題(マテリアリティ)として「多様な人財の育成と活躍推進」を目指し、特に女性活躍推進に力を入れてまいりました。直近2年の女性社員の育休取得率は100%となっており、復職後は育児と仕事を両立しながら活躍しております。
その一方で、2021年度の男性社員の育休取得率は12%であり、決して高い数値ではありませんでした。この状況を打開すべく、相談窓口の設置、面談の実施に加え、2022年10月より、育休中における金銭的不安を軽減することを目的に育休期間中の最長1か月間を有給化するという支援策を導入しました。本制度のおかげもあってか、2022年度の男性育休取得率は45%に上昇しました。
今後さらに育休を取得しやすい企業風土を醸成し、全ての男性社員が育休を取得できる企業を目指してまいります。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2022年度 1543人 242人 1785人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2022年度 10人 22人 31人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2022年度 45% 100%
株式会社 TBSテレビ
株式会社 TBSテレビ
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

最高の“時”で、明日の世界を作る

TBSは、子育て中の社員が男女問わず安心して働き続けられるような制度づくりときめ細かいサポートを行ってきました。改正育児介護休業法が施行された2022年度には取り組みを加速し、新制度「産後パパ育休」などを通じて特に男性社員がそれぞれの働き方に合わせて育児に参加できるように努めています。また育休制度に関する管理職研修を行い、スムーズに育休を取得できる環境を整えています。
世界に愛されるコンテンツを創造し、放送の枠を超えて最高の“時”を提供する企業であり続けるために、社員ひとりひとりが働きがいを実感できる会社を目指します。

育児休業取得状況
育児休業取得率
年度 男性 女性
2021年度 49% 100%
2022年度 76% 100%

※TBSテレビ・TBSホールディングス社員の育児休業および育児目的休暇、育児目的での有給休暇の取得率

パナソニック株式会社
パナソニック株式会社
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

パナソニック株式会社では、お客様一人ひとりにとっての「くらしを支えるベストパートナー」となって、人に、社会に、そして地球に「健やかさ」を実現するため、社員一丸となってさまざまな活動をしております。その実行に際し、一人ひとりが自分らしく活き活きと働き、能力を最大限に発揮できる企業風土が重要な基盤となります。

男性の育児参画推進に向けては、「多様な価値観を尊重し合う組織風土の醸成」と、「当事者の方々を後押しする施策」が重要と捉え、全役員・全社員向けのアンコンシャスバイアス研修や、ロールモデル紹介記事の社内外発信、育児に関する休暇制度の見直しなどの取り組みを行っています。
誰もが仕事と家庭を両立できる、安心して働き続けられる環境を実現するため、男性育休の「取得率100%」を目指してまいります。

育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2022年度 179人 78人 257人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2022年度 57% 91%

※男性従業員に関しては育児目的休暇の取得者も含む

OURS小磯社会保険労務士法人
OURS小磯社会保険労務士法人ビ
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

社会保険労務士法人として、様々な業種・規模の顧問先様に出産・育児に関する制度、両立支援やワークライフバランスに関する施策のアドバイスを行っております。また労務行政研究所発刊の書籍「育児介護休業法」の執筆をはじめとして長年育児介護休業関係の法律や施策の広報に取り組んでまいりました。
まず、「隗より始めよ」ということで、自社においてもやれることはやってみる精神でフレックスタイム制度の導入や子の看護休暇を有給にするなど働きやすい職場環境の整備に努めています。男性育休100%宣言も自ら行うことで、社労士の立場から顧問先様のみならず社会全体の育児と仕事の両立支援に貢献してまいります。

株式会社レゾナック
株式会社レゾナック
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

当社は共創を通じて、よりよい社会を創造していきます。そのためには、多様な人材の一人ひとりが活躍できる環境を整え、様々なアイデアを集合知に変えていくことが重要と考えています。
男性育休取得促進は多様性を受入れる組織風土の醸成に寄与すると考えており、以下の取り組みを行っています。
①仕事と育児の両立ハンドブックの整備
②上司が育休取得可能な男性従業員へ育休取得を促す「パパキャン」の実施
③管理職層(上司)と男性従業員の意識改革のためのセミナー実施
④育児に携わる男性従業員同士のネットワーク形成のためのコミュニティ作り
今後も多様な人材が活躍できる職場を目指し、更なる取り組みを進めていきます。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2022年度 7077人 1190人 8267人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2022年度 172人 126人 298人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2022年度 93% 100%
平均取得日数(男性のみ)
年度 平均取得日数 2週間以上取得した人数 育休取得者のうち
2週間以上取得した人の割合
2022年度 14.6日 31人 18%

公表データは育児休業取得者数・取得率、取得日数は年度中に子どもが生まれていない社員を含んでカウントしています。
公表データは旧昭和電工株式会社と旧昭和電工マテリアルズを合算したもの

株式会社名古屋銀行
株式会社名古屋銀行
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

名古屋銀行では、女性行員の仕事と育児の両立支援には男性側の協力が必要との考えにより、男性の育児休業に対する取組みを積極的に実施してまいりました。結果として2016年度より男性の育児休業取得率は100%を継続しております。
また2023年度よりスタートした第22次経営計画では「未来創造業」をパーパスとし、お客さまと自分(従業員)の未来のために一生懸命仕事をすることを宣言しております。
努力する従業員の環境を整備し、多様なキャリア形成を可能とすることは企業の重要課題の1つと捉え、男性の育児休業については100%を継続する宣言を実施することに加え、2022年度より順次以下の取り組みを開始し、一層の環境整備を進めております。
①「イクメン企業宣言」の実施
②産後パパ育休において5日迄を有給扱いに変更。加えて保存有給休暇制度を5日間任意で取得可能。(合計10日間の有給対応)
③年間2日間の有休扱いでのワークライフバランス休暇制度の導入。
今後も働く夫婦が互いに育児に協力し合い、明るく前向きに家庭と仕事に取り組むことが出来る組織風土づくりを進めてまいります。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2020年度 1102人 661人 1763人
2021年度 1084人 698人 1782人
2022年度 1057人 697人 1754人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2020年度 49人 33人 82人
2021年度 44人 51人 95人
2022年度 38人 42人 80人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2020年度 100% 100%
2021年度 100% 100%
2022年度 100% 100%
トヨタテクニカルディベロップメント株式会社
トヨタテクニカルディベロップメント株式会社
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

当社では、女性の育児休業・短時間勤務の取得は進んでいた一方、男性の取得はまだまだ進んでいません。
この現状を打破すべく、2022年の育児・介護休業法改正に合わせ、子の出生から8週間を「仕事と育児や家庭と向き合う期間」と位置づけ、最大20日間取得が可能な特別休暇『ハッピーベビー休暇』を新設し、男性の育児参画を応援します。
今後も『ハッピーベビー休暇』にとどまらず、『誰もが育児に参画することがあたりまえの会社へ!』
そして、育児と仕事の両立から一歩先『育児も仕事も楽しむことができる会社』づくりを目指していきます。

育児休業取得状況
育児休業取得率
年度 男性 女性
2020年度 14% 100%
2021年度 18% 100%
2022年度 76% 100%
三井住友信託銀行株式会社
三井住友信託銀行株式会社
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

当社では、ライフスタイルに応じた働き方の実現、ライフイベントに左右されないキャリア継続を目指し、両立支援に向けた各種制度の充実と風土醸成に取り組んでいます。男性社員が家庭機能の一部を担うことを当然と考える風土の醸成や、会社以外の場所での新たな気付き、社会の変化を感じるきっかけづくりとして、男性育休取得100%を全社的に推進しており、2019年度から4年連続で男性育休取得率100%を達成しています。2022年度からはさらに産前・産後に男性社員が長期の育休を取得することが可能となる当社独自の制度「ベビーケア休暇」を新設し、1カ月の男性育休の取得を推奨する取り組みを開始しました。
今後も、「仕事」か「家庭」かの2択以外の選択肢を会社として提供し、社員の自律的なキャリア形成を支援していきます。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2022年度 5926人 7831人 13757人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2022年度 196人 224人 420人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2022年度 100% 100%
平均取得日数(男性のみ)
年度 平均取得日数 2週間以上取得した人数 育休取得者のうち
2週間以上取得した人の割合
2022年度 12.9日 77人 39%

■実施した主な施策や育休取得日数を確保できる工夫等
産前・産後に男性社員が長期の育休を取得することを可能とする「ベビーケア休暇制度」を新設。また毎月、取得権利がある社員に制度案内のメールを送信し、育休取得と取得日数の長期化を推進している。

株式会社POTETO Media
株式会社POTETO Media
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

どんな方でも、能力や可能性を発揮することができる職場づくりの実現に向け、男性育休100%を宣言します!

ウェブココル株式会社
ウェブココル株式会社
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

男性社員が育休を取得しやすい職場環境づくりのため、取得予定状況の把握や業務内容の改善を行ってまいります。

株式会社issues
株式会社issues
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

「住民と議員を “イシュー” で結ぶ!政策作りプラットフォームissues」を展開する当社では、男性育休の取得率100%の達成にコミットすることを宣言します。私たちは2023年現在アーリーステージのスタートアップ企業ですので、この宣言によって短期的には人繰りの面で様々なハードルに直面することになります。しかし長期的に見ると採用・組織創りにおける大きな武器となることは間違いありません。まずは第1号事例として、共同創業者/取締役/CTOの男性メンバーに育休を取得してもらうことにしました。私たちが先陣を切ってスタートアップ業界の変化を後押しし、ひいては社会全体の機運作りに微力ながら貢献していきたいと考えています。

ミサワホーム株式会社
ミサワホーム株式会社
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

私たちミサワホームは、多様性や個性を“彩り”と呼び、「一人ひとりの“彩り”を認めあう」というD&Iポリシーを掲げています。育児・介護だけではなく、誰かが休んでいてもお互いに助け合う“お互い様文化”を醸成し、誰もが働きやすい・働き続けたい企業を目指しています。当社は創業期から「住まい」をよりよい子育てのための“巣まい”と捉え、子どもたちの未来のための「4つの育む(環境・暮らし・家族・日本の心)」を理念に活動してきました。あらためて男性育休100%を宣言することで、一人でも多くの社員が“ライフ”の中で子育てに積極的に関わりを持ち、“ワーク”において「家族を育む」という理念を自ら体現していくことにより、より多様性に富んだ魅力的な企業にしていきます。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2022年度 1718人 464人 2182人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2022年度 36人 28人 64人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2022年度 73% 100%
平均取得日数(男性のみ)
年度 平均取得日数 2週間以上取得した人数 育休取得者のうち
2週間以上取得した人の割合
2022年度 28日 10人 28%
ウィードファウスト株式会社
ウィードファウスト株式会社
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

当社では創業から従業員の皆様の働きやすさに取り組んでまいりました。
育児休業の取得促進は、労働人口確保や次世代を担う子どもたちを安心して生み育てる環境の整備などの観点から、重要な課題と捉えております。
2022年度の育休取得率は男性:66%、女性:100%となります。
今後も男性の育休取得推進に取り組み、男女ともに100%を目指します。

株式会社ボルテックス
株式会社ボルテックス
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

ボルテックスでは事業を通じて「資産が健全に循環する社会」を目指しております。
そしてその想いを実現するために、少子高齢化や出生率低下による生産年齢人口の減少、それが及ぼす経済の停滞という社会問題の解決に取り組んでいきたいと考えています。これら社会問題の原因の一つが、夫婦協同で育児や家事に取り組めないことで生じる女性の“孤独な育児”であると思い至りました。このことから、当社が未来に向けて出来ることの一つとして、働き方改革による男性の育児休業100%取得を目指し、邁進していくことをここに宣言いたします。

株式会社肥後銀行
株式会社肥後銀行
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

肥後銀行では、多様な人材が創造性を発揮し永続的に成長・活躍できる企業を目指し、ダイバーシティ・エクイティ&インクルージョンの推進に取り組んでいます。
テレワーク等の柔軟な働き方や”時間外労働原則ゼロ!”の推進など、ワークライフバランス実現に向けた取組みを行い、中でも仕事と家庭の両立支援に関しては、事業所内保育所の開園、両立支援ガイドブックの配付、法定を上回る育児関連制度の整備・環境作りを進めてきました。女性はもちろん男性も2015年度より100%育児休業を取得しています。
今後も性別に関係なく仕事と家庭を両立できる風土醸成に一層取り組み、全ての従業員が「働きやすさ」と「働きがい」を感じながら活き活きと活躍できる企業を目指していきます。

■当行の働き方・両立関連の取組み
*テレワークの導入
*育児等に利用可能な時差勤務制度の導入
*事業所内保育所「ひごっ子の森保育園」を2園開園
*各種制度や本人及び周囲の心構え等を記載した「仕事と育児等の両立支援ガイドブック」を作成・配付
*育休者へ情報発信可能な「子育てサポートコミュニティサイト」を開設
*法定を上回る育児関連制度の導入
 ・法定では無給である育児休業を20営業日まで有給対応(給与を気にせず1ヵ月程度の育休取得可能)
 ・法定では子が2歳まで利用可能な短時間勤務を小学校3年生までに拡大
*全所属長のイクボス宣言実施及びイクボス行動計画の作成
*働き方改革による時間外労働削減

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2020年度 1213人 1684人 2897人
2021年度 1186人 1718人 2904人
2022年度 1167人 1696人 2863人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2020年度 53人 88人 141人
2021年度 43人 95人 138人
2022年度 56人 85人 141人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2020年度 100% 100%
2021年度 100% 100%
2022年度 100% 100%
株式会社鹿児島銀行
株式会社鹿児島銀行
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

鹿児島銀行では、従来より「男性従業員の育児休業取得率100%」を継続して実施しています。男性の積極的な育児休業取得を促すため、育児休業のうち10営業日を有給扱いとしているほか、研修における啓発活動の実施等により、行内における育児休業取得の意識が浸透しています。
また、在宅勤務や時差勤務等の柔軟な働き方や、時間外勤務縮減によるワークライフバランス実現に向けた取組みも推進しています。仕事と育児の両立支援に関しては、事業所内保育所の開設、子育て世代に向けたセミナーの開催、法定を上回る育児関連制度の整備を進め、男女ともに働きやすい職場環境の整備に取り組んできました。
今後も仕事と育児を両立できる組織風土の醸成に一層取り組み、従業員一人ひとりが「働きがい」を感じながら活躍できる職場づくりに努めていきます。

※当行の働き方・両立支援への取組み  取組みの詳細は、鹿児島銀行ホームページをご覧ください。

育児休業取得状況
全従業員数
年度 男性 女性 合計
2020年度 1279人 1308人 2587人
2021年度 1236人 1301人 2537人
2022年度 1187人 1290人 2477人
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2020年度 56人 45人 101人
2021年度 79人 64人 143人
2022年度 29人 79人 108人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2020年度 100% 100%
2021年度 100% 100%
2022年度 100% 100%
株式会社ワーク・ライフバランス
株式会社ワーク・ライフバランス
これまでのお取組みのご紹介と今後に向けた意気込み

止まらない少子化。増え続ける幼児虐待。産後の妻の死因の1位は自殺です。
妊娠中に出ていた女性ホルモンが、出産後に急激に減少することによるホルモンバランスの崩れが、産後うつの要因です。産後うつでは、感情の揺れが大きくなり怒りや悲しみが強くなり、赤ちゃんが可愛いと思えず、何より妻が一番苦しんでいるのです。このピークは産後2週間から1か月。この時期を孤独な育児ではなく、夫婦で支えあう育児にするために、男性育休100%宣言プロジェクトを立ち上げました。

産後うつを防ぐには、①7時間睡眠 ②朝日を浴びて散歩等 ですが、この二つこそが産後の妻には非常に難しいのです。2時間おきに授乳があり、赤ちゃんを外気にあてられない時期は外出もできません。
夫が育児休業を取れれば、この時期に夜中の授乳を交替して睡眠が取れる、外でコーヒーをゆっくり飲める、妻がそんな時間を確保して、回復に向かうことが出来ます。
第一子の子育てで、夫の家事育児参画時間が短い家庭ほど、第二子以降が産まれていない傾向が顕著です。男性育休が日本を少子化から救うのです。

わが社では男性社員の育休取得率は100%。平均取得日数は7か月です。皆、たっぷりと子供と一緒にいられる喜びをかみしめたからか、幸せな顔で職場に復帰しています。育休中に家族5人でフィジーに1年間移住した男性社員もいます。

今、政府に男性育児休業を企業側から本人に取得打診することを義務付ける法律を提言しています。多くの議員が賛同してくださり、前むきに検討が進んでいるところです。総理からも「ぜひ進めてください」というコメントをいただきました。
男性が育休を取れることで、妻が産後うつの危機から速やかに回復できる。何より赤ちゃんを可愛いと思える。夫も育児家事トレーニング期間を経て家庭内で主戦力となり、二馬力で家庭を運営できる。妻の職場復帰がスムーズになり、家計が安定する。第二子以降にも前向きになれる。子どもを持つことに前向きな人があふれる日本社会を作ることができる。夫婦の信頼関係が、子育て後も続く。
そんな男性育休があたりまえの令和の時代を一緒に作り上げていきましょう。

育児休業取得状況
育児休業取得者数
年度 男性 女性 合計
2016年度 該当なし 該当なし 該当なし
2017年度 該当なし 1人 1人
2018年度 2人 2人 4人
2019年度 1人 1人 2人
2020年度 2人 3人 5人
育児休業取得率
年度 男性 女性
2016年度 該当なし 該当なし
2017年度 該当なし 100%
2018年度 100% 100%
2019年度 100% 100%
2020年度 100% 100%
平均取得日数(男性のみ)
年度 平均取得日数 2週間以上取得した人数 育休取得者のうち
2週間以上取得した人の割合
2016年度 該当なし 該当なし 該当なし
2017年度 該当なし 該当なし 該当なし
2018年度 213日 2人 100%
2019年度 183日 1人 100%
2020年度 64日 2人 100%