Consult Profile

田川拓麿たがわ たくま

  • ワーク・ライフバランスコンサルタント
  • 中学校教諭一種免許状(保健体育)
  • 高等学校教諭一種免許状(保健体育)
  • ビジネス実務法務検定2級
  • 日商簿記検定3級

千葉県出身
日本大学卒業

田川拓麿

[ WORK ]

データ分析による論理的な課題解決と実行力を強みとし、財閥系企業・警察・監査法人・学校・中央省庁・自治体など、特殊かつ長時間労働が恒常化した組織へのコンサルティング・講演実績が豊富。2016年には女性活躍推進法に合わせて女性活躍推進診断を開発。業界の特殊性、精神的な辛さを理解したうえで、クライアント、市民、生徒等の外的要因までを解決するコンサルティング手法を持ち合わせているため、特殊性の高い組織でも残業時間が20%削減する成果をいくつも出し続けている。更に、鋭い分析力と歯に衣着せぬ物言いで役員、幹部、管理職と対等に渡り合う姿は、言いづらい事を遠慮せずに伝えてくれる頼れる存在と組織内外の信頼を集める。また、兼務している講演室長として、派遣スタッフ含めた4名で属人化の徹底的な解消と高いレベルの業務の統一化を行い、年間300件を超える講演、研修の価格交渉、テーマの選定等を行っている。

[ LIFE ]

プライベートで学生時代から取り組んでいる野球を今でも続け、所属する草野球チームでは監督兼選手として東京都港区の大会で優勝を果たした経験も。野球を通じて身につけた瞬時の判断力を生かし、仕事においても即断即決により生産性向上に役立てている。また、監督として選手ひとりひとりに合わせたコミュニケーションを取ることを心掛け、後輩からは「初老!」といじられるぐらいコミュニケーションが良い結果、総合的なチーム力が高まっている。

経歴・思いをもっと読む/メディア掲載実績をチェックする

「前職の三菱オートリース株式会社では中小企業から大企業向けとさまざまな営業を経験。自動車に関わるさまざまな業務を一括してサポートし、顧客の経営課題を総合的に解決できる手法を追求しました。

具体的には、入社1年目は東京都港区と千代田区内の既存顧客90社を受け持ち、休眠顧客の掘り起こしと、過去の実績にとらわれず相手の課題へ寄り添うことでシェアをアップ。この実績は高く評価され、翌年には史上最年少で新規専門の営業メンバーに抜擢されました。

その後、より高度な提案が求められる大企業を専門に担当するソリューション営業本部発足メンバーに選出されました。競合他社と価格勝負をするのではなく、データ分析やコンプライアンスリスクの観点から課題解決策を提案するなど新たな付加価値をつけることで、当初まったく取引先がなかった状況から多くのクライアントを持つ部に成長させることができました。これらの論理的な取り組みも評価をいただき、社内優秀賞を獲得しています。

仕事へのやり甲斐はもちろん大きかったのですが、その頃は恒常的な長時間労働を経験してもいました。当時はそれが当たり前だと思っていましたが、ワーク・ライフバランスという言葉に出会い、その中で「仕事ばかりしている人は仕事ができない人間になってしまう」という小室の言葉に大きな衝撃を受けました。

それからは自己研鑽を徹底的に行い、プレゼンテーション力を高め、少ない回数でクロージングをする、顧客からの問合せにすぐに回答できる商品、法律、会計知識の向上を徹底的に行いました。私自身は残業をせずに成果を出すという事を実践できたものの、その必要性を周囲には正しく認識されない難しさを痛感。この経験をもとに、世の中のワーク・ライフバランスに対する「気づき」の機会を増やし、企業内で気づいた人がよりスピーディに行動変容できるような支援をして、個人の成長と組織の業績向上を日々サポートしています」