Case Study

株式会社大谷興産様

健康で働きやすい環境をつくる。~環境改善・受動喫煙コスト300万円削減など社員の健康を考えながらスピーディな働き方改革の実践と粘り強い周知活動で浸透を図る~

株式会社大谷興産様 事例トップ

高知県では、2020年から「働き方改革実践支援事業」を開始。株式会社ワーク・ライフバランスの働き方改革コンサルティングを導入し、ワークライフバランス実践支援事業を進めてきました。今回は、対象企業として約8か月間にわたり働き方改革を実践された株式会社大谷興産様のお取り組みのポイントをご紹介します。

株式会社大谷興産

高知市内の建設会社。社員数44人。高知県内で土木工事、舗装工事、建築工事、運送業、砕石販売業を営み、「大きくはないが強い施工能力を持ち質の高い企業」を目指す。2021年、高知県ワークライフバランス推進企業に認証(次世代育成支援部門)される。

株式会社大谷興産は、2021年7月、高知県が実施する「ワークライフバランス実践支援事業」の対象企業に選定され、 2021年7月〜2022年2月まで「働き方改革コンサルティング」を導入。働き方改革に取り組み、課題の解決や生産性の向上を目指してきました。2022年2月21日にオンラインで開催された、「令和3年度 高知県ワークライフバランス実践支援事業 最終報告会」の内容を中心にお届けします。(登壇者:株式会社大谷興産 多田芳郎さん

4つのアクションを実施

「お互いに協力しながら全員が守れる社内ルールを構築し働きやすい環境を作る」という目標を掲げ、現在の達成度は80%程度と判断しています。実施したアクションは次の4つです。

①タバコのポイ捨て・受動喫煙の防止

ポスターによる啓発、清掃活動、社内完全禁煙、喫煙者への毎月の状況確認を行いました。

「会社としては皆さんの健康を考えているので、タバコを1本でも少なくするようにお互いに努力していきましょう」「タバコをやめた分のお金で、お子さんやお孫さんに何かしてあげれば喜ばれますよ。老後の蓄えにされてもいいのではないですか」などと地道な説得も繰り返しました。

その結果、喫煙者が1人減り、全体の喫煙本数も約510本→350本にまで減少しています。離脱時間を1本7分とすると、510本×7分=3.57時間。1年間の人件費に換算すると約1100万円のコストに相当していましたが、これを約800万円にまで減らすことができました。

大谷興産様 事例1

大谷興産様 事例2

②報・連・相の徹底

従来は口頭・電話での報告がメインでしたが、上司から「聞いていない」という声が上がることが多かったため、「ホウレンソウボード」を作成。給料袋を活用して周知徹底を図りました。 欠勤届についても記入しやすい選択式に変更し、申請方法の説明も行いました。結果、現在の提出率は100%近くに達しています。

大谷興産様 事例3

大谷興産様 事例4

③BCP安否確認

当初2021年12月の時点では84%の達成率でしたが、1月は94%、2月は97%まで向上しました。安否確認については、30分以内を目標としています。仕事の関係上、手が離せないこともありますが、連絡がない人にはその都度、個別に確認・指導を行いました。現在では45分以内にほぼ安否確認が届くようになっています。

大谷興産様 事例5

④制服について

検討の結果、現状の制服の色・形状を維持する一方で、ベストの新調を決定。従業員に支給を終えています。

今後のアクション

タバコについては禁煙会を発足し、グループで喫煙を減らしていきたいと考えています。取り組み後のメンバーの感想は以下の通りです。

  • 「社内に高齢者が多く、ワークライフバランスを理解してもらうのが非常に難しかったと思います。タバコのポイ捨てという身近なところからの一歩でしたが、次のステップになったと思います」
  • 「従業員の健康を考え、人生100年時代に長く勤務していただきたいという思いから、身近な事柄から少しずつ従業員の健康と定着を図りました」
  • 「従業員個々のライフステージに寄り添い、柔軟で活用しやすいワークライフバランスの浸透が今後の目標になれば良いと思います」

今回の取り組みを通じて、同僚や上司の考えを聞くことができました。また、その考えを集約して全員に周知し、協力を仰ぎながら実践できたことで、それまでの不安が晴れました。これからも意見を出し合い、集約して取り組んでいきたいと考えております。

担当したコンサルタント 横山真衣の総評

キックオフのときに、タバコのポイ捨てを課題に挙げられていましたが、1カ月後にはすでに敷地内全面禁煙を実践されていました。決定してからの行動がとても早かったという印象を受けています。

また、多田さんが喫煙者1人ずつに「何本吸っているのか」を毎月ヒアリングされ、減ったかどうかの数字を記入されていたのが素晴らしいと感じました。ご自身も喫煙者だった経験を踏まえ、いろいろなデータや喫煙コストをお伝えしながら、徐々に考え方を変容させた取り組みに心を打たれました。

意識改革は、一朝一夕にはできないものであり、話し合いを重ねるしかありません。それを諦めずに粘り強く続けることが重要であり、熱意を持って実践したからこそ成果が出たのではないでしょうか。

ホウレンソウボードや欠勤届についても、作成し、仕組み化し、周知を徹底するまでのスピードが非常に速かったと思います。プランから行動までのワンサイクルが速ければ速いほど成果につながりますし、従業員が行動を改めるスピードも加速します。

ぜひ引き続きトップスピードで走っていただき、健康企業として走り続けていただきたいと思います。

担当コンサルタント
    • 横山真衣

事例紹介一覧へ戻る