Consult Profile

小室淑恵こむろ よしえ

  • 株式会社ワーク・ライフバランス 代表取締役社長
  • ワーク・ライフバランスコンサルタント
  • 財団法人 生涯学習開発財団 認定コーチ
  • 介護ヘルパー2級
  • 金沢工業大学 客員教授

小室 淑恵

[ WORK ]

2006年、株式会社ワーク・ライフバランスを設立。多種多様な価値観が受け入れられる日本社会を目指して、日々邁進している。多数の企業・自治体などに働き方改革コンサルティングを提供し、残業削減と業績向上の両立、従業員出生率の向上など多くの成果を出している。年200回以上の講演依頼を全国から受け、役員や管理職が働き方改革の必要性を深く理解できる研修にも定評がある。自らも2児の母として子育てをしながら、効率よく短時間で成果を上げる働き方を実践。会社としても、全社員が残業ゼロ、有給取得100%を実現しながら増収増益を達成し続けている。

2014年9月より安倍内閣「産業競争力会議」民間議員、2015年2月より文部科学省「中央教育審議会」委員、内閣府「子ども・子育て会議委員」、経済産業省「産業構造審議会委員」、厚生労働省「社会保障審議会年金部会委員」など複数の公務を兼任。著書は『労働時間革命』(毎日新聞出版)、『6時に帰るチーム術』(日本能率協会マネジメントセンター)、『女性活躍 最強の戦略』(日経BP社)、『働き方改革 生産性とモチベーションが上がる事例20社』(毎日新聞出版)など多数。日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2004受賞。2014年5月ベストマザー賞(経済部門)受賞。

[ LIFE ]

2003年に結婚。2006年には第一子を、2012年には第二子を出産し、子育てと仕事を両立しながら充実したワーク&ライフを過ごす活動的な女性として多くの人から支持を得ている。ネイルアート・マラソン・カメラ・温泉めぐりなど趣味も多く、休日もアクティブに過ごす。介護ヘルパー2級を取得し、介護施設でのボランティア活動を定期的に行っている。17年間ボランティアとして続けている学生向け講座では、現在までに輩出した卒業生が1000人以上にのぼる。

経歴・想いをもっと読む

「日本女子大学文学部在学中、猪口邦子教授の講演に感銘を受け、それまでの”専業主婦思考”が変わりました。その後渡米して、1年間滞在。住み込みのベビーシッターとして生計を立てていました。そのとき、住み込み先のシングルマザーの女性が育児とキャリアを両立している姿を目の当たりにし、大きな衝撃を受けたのを覚えています。

帰国後ネットビジネスのインキュベーションを行う株式会社ネットエイジにてインターンを経験し、全社営業成績の87%を稼ぎ出したりもしました。

大学卒業後は株式会社資生堂に入社。2年後には「ビジネスモデルコンテスト」で優勝し、インターネットを利用した育児休業者の職場復帰支援サービス新規事業「wiwiw(ウィウィ)」を立ち上げ、社内起業家となりました。

2003年に結婚し、2005年に資生堂を退社。その翌年2006年には今の会社を立ち上げたわけですが、ちょうど私自身が第一子を妊娠中のタイミングで、まさしく会社としても自分としても「働き方改革」を実践していくことになりました。

そして、今小室淑恵がみなさまにお伝えしたいこと・・・それについては以下のご挨拶文にもまとめておりますので、ぜひご一読ください」

「残業をなくしたら業績があがり、会社が伸びる!」
経営戦略としてのワーク・ライフバランスを実現します