Case Study

岡山県教育委員会様

PTA・地域住民・教員が一緒になって改革を進める意義とは?
岡山県の取り組みに学ぶ、効果的な「学校の働き方改革」

未来を担う子どもたちに質の高い教育を提供するには、教育現場の働き方改革を早急に進めていく必要があります。今のままでは、過重な作業量と「過労死ライン」を超えるほどの長時間労働で教員たちが疲弊し、教育の本質を高めることは難しいためです。学校における働き方改革は難しいといわれますが、だからこそ早急に実施する必要に迫られています。日本の未来を左右するといっても過言ではないくらい、緊迫した急務なのです。今回は岡山県教育委員会の取り組み事例をご紹介しますので、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

※現状を詳しく知るために、まずは「中央官庁・学校で働き方改革が進まない理由。コンサルタントにできることは?」もご一読ください。

教職員自らが改善点を提案し、実践後の評価は数値で“見える化”

別の記事でご紹介した静岡県教育委員会及び4つの小中学校の事例の最後にも記したように、静岡県での先進的取り組みと成果は新聞に取り上げられるなどして注目を集め、他県の教育現場に好影響をもたらしました。弊社にも全国の教育委員会や学校から問い合わせがあり、実際に各地で働き方改革を支援しています。今回ご紹介する岡山県の事例も、岡山県教育委員会からのご依頼で実現したものです。

教育委員会主導のもと、まずは2017年5月に岡山県高梁(たかはし)市立高梁小学校にて取り組みがスタート。校長、教頭、働き方改革担当教諭、教務主任、養護教諭等をメンバーとする“カエル会議”は「ぐっじょぶMTG」と命名され、その中で、教職員から改善に向けたさまざまな提案が出てきました。内容は学校行事や業務の軽減、ICTの活用、時間を作り出す工夫など多岐にわたっており、優先順位をつけて実施していきました。


高梁小学校での取り組み。

教員にとって取り組みの評価が最も高かったのは、「学期末の成績処理週間実施」でした。学期末の1週間、通常よりも早く児童を下校させることで、通知表作成などに充てる時間を確保したのです。また、期間中は放課後に会議を入れず、成績処理に集中できる環境づくりを徹底しました。

さらに、この取り組みを行った後、教員による評価を具体的な数値にして“見える化”したことで「自分たちの考えた取り組みで働き方が変わった!」と効果を実感することもできました。

水泳の指導方法を見直したことで、教員にも児童にも多くの効果が!

学校行事の軽減という部分では、まず、夏休み前の「放課後水泳指導」を廃止しました。夏休みに行われる地区の水泳記録会に向けた練習のことで、岡山県内の多くの小学校で6〜7月の放課後に行われ、教員の長時間勤務の原因の一つとなっていたものです。

高梁小で昨年度の状況を確認したところ、その実施回数は5回。これは通常の体育授業の時間割、指導体制や方法、夏休み中の指導の工夫によって置き換えられると判断し、放課後水泳指導を廃止したのです。

この取り組みにおいてすばらしい点は、前年度の実績が5回だったという具体的な数値を挙げたことです。誰しも、やめることに対する抵抗はどうしてもあるもの。「児童生徒がこう思うのではないか?」「保護者がこう言うのではないか?」「どこもやめていないのに、うちだけ?」といった影響を想像して、戸惑ってしまいがちです。しかし、「事実」と「思い込み」をしっかりと区別し、5回という数字から「他の方法で代替可能だ」と決断したのです。

もう一つのすばらしい点は、限られた授業時間を大切にし、授業改善に結びつけたことです。具体的には、水泳を2時間の連続授業に変更することで、授業の前後にそれぞれ発生していた着替えや移動時間を1回にまとめることができ、児童の活動時間が増加しました。

「効果的に水泳指導を行うにはどうすればよいか」という視点で教職員が知恵を絞ったおかげで、水泳指導の工夫・充実という授業改善が図れるとともに、教職員の負担を軽減させ、さらに児童の下校時刻が統一できたため安全面の確保にもつながりました。

しかも、大会への参加標準記録突破による出場者数は、昨年度に比べて2.5倍に増加したそうです。

残業時間が減っただけでなく、教職員の満足度も向上

上記以外にもさまざまな取り組みを行った結果、2017年9月の学校全体の残業時間は、2017年4〜6月平均と比較して22.6%減少しました。

残業時間が減っただけでなく、教職員からの評価も上々。2017年12月に行った全職員へのアンケートでは、4月当初と比べて「最終退庁時刻の設定に意味がある」と答えた割合は19%増加、「負担を感じている業務がある」と答えた割合は15%減少しました。

話が長すぎる職員室での終礼を改善させた「終礼黒板」と「タイマー」

続いて、岡山県浅口市立鴨方東小学校の取り組みを紹介します。

こちらの小学校では、職員室で実施する終礼が時間通りに終わらず、他の業務を圧迫していました。職業柄なのか、連絡事項を説明する時に丁寧に順序立てて話す教員が多く、要するにとても話が長かったのです。

そこで、①口頭で連絡したい場合、当日の朝までに「提案者名」「内容」「所要時間」を終礼用の黒板に記入、②口頭での連絡が必要ない連絡事項は「その他」の欄に記入、③教務主任と働き方改革担当教員で時間調整をしたうえで連絡順を決定する、というルールを設定しました。

そして、タイマーで計測して注意を促しながら、記入した所要時間内で大切なポイントだけを伝えることにしたのです。タイマーのおかげで時間を強く意識するようになり、事前に要点をまとめるだけでなく、実際に自分自身で時間を計りながら発表の練習をする教員も出てきて、プレゼン力の向上にもつながっているそうです。

そうして黒板とタイマーを用いる終礼に変えた結果、20分強かかっていた終礼が平均約5分で終わり、かつ伝えるべきことが確実に伝わるようになりました。同時に、各教員が時間を意識しながら仕事をする大きなきっかけにもなりました。


鴨方東小学校での取り組み。

PTA役員、地域住民、教員が合同で“カエル会議”を実施!

また、鴨方東小学校の取り組みで特筆すべきなのは、なんとPTA役員と地域住民と教員が合同で“カエル会議”を行ったことです。さまざまな視点から意見交換を行う中で、教員たちの意識や学校の常識を見直していくことができると考えたのです。

それと同時に、企画メンバーの中に保護者・地域の方が入ることで、ミーティングの途中でPTAや地域住民の意見を聞いたり了承を得たりすることができ、スピード感のある業務改善を行えるようにもなりました。

実際に、これまで約10回のミーティングの中で、50項目を超える改善の成果が出ています。

たとえば、PTAの行事・会議における教員の参加時間を短くすること、サマーキャンプ、地区懇談会、音楽朝会、草とり集会等を削減することで、教員が授業の質を高めるための時間を確保できるように決定しました。

もう一つ、非常に特徴的な改善点もありました。それは、従来3学期の授業で行っていた大規模な集会活動「とんど祭り」。これには、計画・準備などを含めてかなりの時間と労力がかかっていました。そのため、来年度からは教員ではなく、保護者や地域住民の有志の方々が中心となり教育課程外で土曜日に実施することになったのです。

これらは、PTA役員と地域住民と教員がカエル会議に同席して検討した大いなる成果と言えるでしょう。

こうして校長、教頭、働き方改革担当教員がリーダーシップを発揮しながらさまざまな角度から取り組みを実践した結果、2017年6月と比較して、同年11月の月間残業は28時間減少しました。

また、鴨方東小学校は、地域と連携した教育活動による成果で「2017(平成29)年度文部科学大臣優秀教職員表彰教職員組織の部」を受賞しました。

非常にすばらしい取り組み事例として、大いに参考にしていただきたいと思います。

また、関連する内容として「海外の事例や他省庁との連携を視野に入れた、新たな「部活動」の発想を提言」という提言もまとめましたので、ぜひご一読ください。


※こちらの事例は、弊社代表 小室淑恵の著書『働き方改革 生産性とモチベーションが上がる事例20社』からまとめ直したものです。

担当コンサルタント

事例紹介一覧へ戻る