Consult Profile

堀江咲智子ほりえ さちこ

  • ワーク・ライフバランスコンサルタント
  • 財団法人 生涯学習開発財団 認定コーチ
  • 知的財産管理技能士2級

北海道札幌市出身
大阪府立大学工学部機械工学科卒業

堀江咲智子

[ WORK ]

経営者、管理職、一般職、女性向けなど、対象者に合わせてきめ細やかにアレンジした講演内容に定評がある。働き方見直しコンサルティングでは担当チームのモチベーションを上げながら、楽しく働き方を見直す手法が特長。気合いややる気に頼らず仕組み自体を変えることで本質的な解決ができるようアドバイスするなど、周囲を巻き込みながら全社的に最適な方法を提案している。経営者や役員との対談依頼も多く、経営戦略とワーク・ライフバランスの関係性などを受け入れやすい形でわかりやすく伝える。インプットを増やしてアウトプットの質を高めれば、日本の産業はこれからもっと伸びる!と考え、日々邁進中。主なクライアントは、中小企業製造業から不動産管理会社、大学、小売業、建設業界、人材業界など多岐にわたる。

[ LIFE ]

趣味は編み物とアクセサリーを作ること。手を動かすことが好きでハンドメイドサークルを主催し、ハンドメイドを通じた途上国への寄付を13年連続で行っている。また、趣味で始めた英会話も10年以上続け、海外の友人もでき、言葉の壁を取り払って意見交換する楽しさを満喫中。第1子出産後はますますタイムマネジメントの重要性を実感し、子育てによるインプットを仕事のアウトプットへと活かしている。少しでも子育てを楽しめるようにと始めた「寝相アート」が好評で、育児と仕事の調和プログラム[armo]内ではイーラーニングの寝相アート講座を担当している。

経歴・思いをもっと読む/メディア掲載実績をチェックする

「幼少の頃からモノづくりに興味があり、大学では機械工学を専攻しました。前職では研究開発職として家庭用の水処理器の開発に3年間携わり、全くの新規商材としてゼロから発売までのプロセスに関わることができました。

開発のアイディアを生み出す中で、ライフのインプットがいかに重要かを実感。以来、ライフでの学びをどう仕事に結びつけるかに焦点を置いて日々考える習慣がついたと思います。また当時は長時間労働による、集中力の低下にも悩まされ、実験プロセスの改善や他部署への働きかけを積極的に行うことで、業務の効率化をはかっていました。

その後、商品企画室のデザイン部署に異動となり、商品企画を担当。”消費者目線に立って生活を楽しくするモノづくり”をモットーに、ライフのインプットをさらに増やして商品企画に生かすという気持ちで、こんな商品があったら生活が楽しくなるに違いない!と思えるモノづくりを心掛けていました。

その後は営業職として大手ハウスメーカーを担当。社内でのフォルダ整理や総務部も協力し業務プロセスを見直すことで、ここでも大幅な効率化を実現しました。また、インフルエンザで連続で休むことになった先輩をフォローしたことをきっかけに、書類を整理し誰でもわかるようにしておくことの重要性を強く実感しました。

当時の職場では通常業務との兼任で女性活躍推進プロジェクトに推薦されました。学生時代は男女平等に働けるものだと思い込んでいたものですが、実際には出産を機に離職する女性の多さを目の当たりにし、全国の女性従業員が働きやすい職場にするための施策を実施していきました。

その中で多数のロールモデルと出会い、知らないうちに身についていた”働きながら子育てすることの罪悪感”を払拭できたように思います。キャリア支援セミナーやネットワークづくり、ハンドブックの作成などに携わりましたし、自身も若手女性のロールモデルとして後輩女性社員からさまざまな相談を受けたりしました。

現在は職場ごとの働き方の課題を一緒に解決していくことで、自分でもここまで動かすことができる!という自信をつけてくださった顔を見るのがとてもうれしいです。また経営者の方が自ら働き方を変えたり、変わっていく従業員の顔を嬉しそうに見てくださる様子もモチベーションにつながっています。

ライフでのインプットをいかにワークでアウトプットするかは私にとって大きなテーマのひとつです。前職での経験も活かしながら、より多くの成果をあげていきたいと思います」

[ 掲載メディア ]